@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

軟骨魚類【なんこつぎょるい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

軟骨魚類
なんこつぎょるい
cartilaginous fishes
軟骨Chondrichthyesに属する魚の総称サメ類エイ類などに代表される。現生のものは板鰓亜綱 Elsmobranchii(→板鰓類)と全頭亜綱 Holocephaliに分けられる。骨格軟骨で,体表には楯鱗をもつ。魚類中ではやや原始性を残しているものと考えられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なんこつ‐ぎょるい【軟骨魚類】
軟骨魚綱の脊椎動物円口類硬骨魚類とともに広義魚類を構成する一群。骨格が軟骨からなる。海産種が多く、板鰓(ばんさい)類(サメエイ類)と全頭類(ギンザメ類)に分けられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

軟骨魚類
 軟骨魚綱をいう.サメ,エイなど,骨格が通常軟骨性の魚の一分類.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なんこつぎょるい【軟骨魚類 cartilaginous fish】
脊椎動物門軟骨魚綱Chondrichthyesに属する魚類の総称。内部骨格が軟骨性なのでこの名がある。板鰓(ばんさい)亜綱(サメエイ類)と全頭(ぜんとう)亜綱(ギンザメ類)よりなる。板鰓亜綱に800~850種,全頭亜綱には約35種,合計850種ほどが世界の熱帯から寒帯にかけての広い範囲にわたり生息し,日本近海には160~170種ほどが分布する。大部分海洋で一生を終えるが,一部は淡水で終生,あるいは生活史の一部を過ごす。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

軟骨魚類
なんこつぎょるい
cartilaginous fish
[学] Chondrichthyes

動物分類学上は脊索(せきさく)動物門Chordata、脊椎(せきつい)動物亜門Vertebrataあるいは頭蓋(とうがい)亜門Craniata、顎口(がっこう)上綱Gnathostomataに属する軟骨魚綱Chondrichthyesを構成する魚類。現生種は、板鰓(ばんさい)亜綱(サメ・エイ類)と全頭(ぜんとう)亜綱(ギンザメ類)からなり約970種が含まれる。形態上は古生代の魚類の特徴の多くを備えるため、硬骨魚類より原始的なグループと考えられたこともある。しかし、軟骨魚類にはいくつかの著しく特殊化した特徴があり、現在では両者は別個に独自の進化をしたものと考えられている。

 内部骨格が軟骨からなること、頭蓋骨が一続きの軟骨の箱で、多くの骨でできていないこと、歯が何層にも並び、一部の機能歯が損傷すると内層の歯がすべて機能歯になって入れ換わること、普通、鰓孔(さいこう)が数対あること、各鰭条(きじょう)が角質鰭条で、分節しないこと、うきぶくろまたは肺がないこと、鱗(うろこ)は退化したものを除くと歯と同じ構造の楯鱗(じゅんりん)であること、腸の内面に螺旋(らせん)弁があり、後端に直腸腺(せん)が発達すること、尾びれは異尾であること、雄には腹びれの内縁に大きな交尾器があり体内受精をすること、などが特徴である。板鰓類は各鰓裂が別々に体表に開き、脊索は椎体ごとにくびれるのに対して、全頭類では各鰓裂は共通の1鰓孔によって体表に開き、脊索は終生円筒状である。

 卵は大きくて数少なく、すべて体内受精する。卵膜に精子が進入する卵門がなく、精子は頭部の尖体(せんたい)で卵膜の一部に穴をあけて卵内に入る。多精受精で、数個または多数の精子が正常な状態で卵内に入り、そのうちの1個だけが雌性前核と癒合して胚(はい)となる。ネコザメ、テンジクザメ、トラザメ、ジンベイザメ、ガンギエイ、ギンザメなどは卵生で、4層からなる厚いキチン質の卵殻に包まれた卵を産む。一方、シロザメ、ホシザメ、ヨシキリザメ、シュモクザメなどは胎生であり、胎仔(たいし)は母体から栄養や酸素などを吸収してよく発育してから出産される。そのほかの多くの種類は卵胎生であり、胎仔は卵黄物質を栄養の主体としながら母体内で発育して出産される。

 18メートルにも達する大形のジンベイザメやそれに次いで大形のウバザメなどはプランクトンを主食にするが、多くの種が肉食性で、魚類、ウミガメ、海獣、軟体類、甲殻類などを、1週間に平均して体重の3~14%ほど食べる。いくつかのサメ類は人間を攻撃することがあり、「人食いザメ」とよばれる。被害の多い順にホホジロザメ、メジロザメ、イタチザメ、シロワニ、シュモクザメ、ヨシキリザメ、アオザメ、オオセ、コモリザメなどである。とくに前2種は突出して多い。ギンザメ類の背びれの棘(とげ)や輸卵管には毒があることが知られている。

[落合 明・尼岡邦夫 2015年1月20日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なんこつ‐ぎょるい【軟骨魚類】
〘名〙 骨格が軟骨でできている原始的な魚類の総称。現生種ではサメ・エイ類とギンザメ類がふくまれる。〔動物小学(1881)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軟骨魚類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

軟骨魚類の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation