@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

転化【テンカ】

デジタル大辞泉

てん‐か〔‐クワ〕【転化】
[名](スル)
ある状態・物が別の状態・物に変化すること。「戦況が転化する」
蔗糖(しょとう)加水分解され、果糖ぶどう糖になる現象分解が進むにしたがい、旋光性右旋性から左旋性に変化する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

転化
 ある処理や自然の状態で化合物が変化した結果,旋光性が逆転すること.特に,ショ糖を加水分解して旋光性が逆転することについていう.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てんか【転化】
スル
ある状態が他の状態に変わること。 愛情が憎悪に-する
スクロース(ショ糖)水溶液が加水分解されて D グルコース(ブドウ糖)と D フルクトース(果糖)が生成するとき、全体として旋光性が右旋性から左旋性に逆転すること。 → 転嫁補説欄

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

転化
てんか
inversion
ショ糖(サッカロース)を加水分解することをいう。ショ糖を加水分解すると、最初に右旋性であった液が加水分解が進むにしたがってしだいに左旋性に変わるので転化という術語が与えられた。転化がおこる理由は、比旋光度+66.5°のショ糖が加水分解されると、比旋光度-92.3°のD-フルクトースと+52.7°のD-グルコースが等モル量できる。D-フルクトースの左旋性がD-グルコースの右旋性に比較して大きいため、加水分解が進むにしたがい全体として左旋性に転じ、最終的には比旋光度-20°になるからである。転化によりできたD-フルクトースとD-グルコースの混合物を転化糖といい、ショ糖より消化吸収されやすく味もすこし異なるので、菓子類、食品などに用いられる。[廣田 穰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てん‐か ‥クヮ【転化】
〘名〙
① うつりかわること。ある状態が別の状態に移行すること。変化。
※文明本節用集(室町中)「因敵転化(テンクヮス)〔三略〕」
※春の城(1952)〈阿川弘之〉二「量の質への転化というような事が」 〔淮南子‐原道訓〕
② 物質の変換のこと。狭義には一酸化炭素から水素をつくること、または蔗糖の加水分解をさす。
③ 哲学で、存在に対して変化の過程。静止状態に対してある状態から他の状態へ移行する過程。消滅に対して生成、生起の過程。〔哲学字彙(1881)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

転化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

転化の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation