@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

転換社債【てんかんしゃさい】

デジタル大辞泉

てんかん‐しゃさい〔テンクワン‐〕【転換社債】
社債所有者の意思により、一定条件のもとで社債発行会社の株式に換えることができる社債。平成14年(2002)商法改正で転換社債型新株予約権付社債に名称変更。→シー‐ビー(CB)新株予約権付社債

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典

転換社債
別名、転換社債型新株予約権付社債やCB(Convertible Bond)とも言う。CBは、所有者が一定期間内に発行企業に対し、請求すれば、あらかじめ定められた条件で、その発行企業の株式に転換することができる社債である。これに対して、一般の社債のことを普通社債という。所有者は、株式に転換すれば、株価の上昇による利益を得ることが期待できる。また、社債のまま保有し続けると、利付債券として、定期的に利子を受取ることができるほか、償還日には額面金額が払い戻される。CBは、いままで「転換社債」と呼ばれていたが、商法が改正され、平成14年4月1日以降、新たに発行されるCBのことを「転換社債型新株予約権付社債」と呼ぶようになった。

出典:株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント

外国為替用語集

転換社債
株式に転換する権利が付いた社債。CB。社債の元本・利息収入の確実性と、株式の値上がりによる収益性を兼ね備えた商品。株が値上がりした場合には、購入者が一定期間内に請求を行えば、株式に転換することができる。株が値上がりしない場合には、社債として保有して、利子を受取ることができる。

出典:(株)マネーパートナーズ

会計用語キーワード辞典

転換社債
社債に新株予約権が付された形で発行される債券で、言い換えれば発行会社の株式に転換する権利が認められた社債のことです。正式名称は「転換社債型新株予約権付社債」。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

世界大百科事典 第2版

てんかんしゃさい【転換社債 convertible bond】
社債権者の請求により,一定期間内に一定の条件(転換条件)でその会社の発行する株式に転換する権利を与えられている社債のことで,CBともいう。投資家にとっては,株式への転換権を行使するまでは社債としての確定利息を得,転換後は株主としての利益を享受することができる。一方,発行者にとっても,社債よりクーポンレート(表面利率)が低く,増資に比べ配当負担の発生を分割できるなど低コストで長期安定資金を調達できるメリットがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

転換社債
てんかんしゃさい
convertible bond
社債発行会社の株式に転換しうる権利(転換権)を付与された社債。英語の頭文字をとり「CB」ともいう。社債に投資の安定性と投機性を与えて募集を容易にする目的で認められた制度。潜在的な株式ともいえる。2001年の商法改正により,分離型の新株引受権付社債とともに新株予約権付社債に統一された。改正以前に発行された転換社債は「転換社債型新株予約権付社債」と呼ばれる。会社が転換社債を発行するには,定款,または株主総会特別決議をもって,転換の条件,転換によって発行すべき新株の内容および転換を請求しうべき期間を定めることを要し,また,定款に定めのある数種の株式のうち,転換によって発行すべき株式の数は,上記期間内これを留保する必要があった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

転換社債
てんかんしゃさい

2005年(平成17)会社法制定がなされる前に用いられていた名称で、発行会社の株式に転換することができる権利(転換権)が与えられている社債。転換権を行使すると、転換社債はその保有する社債が消滅し、株式のみが残る。よって転換社債権者は転換権行使により株主となる。投資家は、転換権を行使するまでは社債権者として安定したキャッシュ・フローを確保することができ、仮に会社の業績があがれば転換権を行使して株主となり、向上した業績に与(あずか)ることができ、社債と株式のうまみを両方使って投資家を募ることを容易にする。2005年の会社法制定後は、株式性を有する社債権を新株予約権付社債と総称し(会社法2条22号)、とくに、新株予約権を行使する際に、社債を償還して新株予約権の払込みにあててその結果権利者の手元には社債が残らないものがこの転換社債にあたるものとした。なお、証券市場や新聞の証券欄では転換社債型新株予約権付社債とよばれている。

[戸田修三・福原紀彦]

『証券取引法研究会編『別冊商事法務266 転換社債型新株予約権付社債の理論と実務』(2003・商事法務)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てんかん‐しゃさい テンクヮン‥【転換社債】
〘名〙 所有者の請求に基づき、ある一定の条件のもとにその会社の株式へ転換する権利を与えられている社債。
※商法(1899)三四一条の二「会社は転換社債を発行することを得」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

転換社債」の用語解説はコトバンクが提供しています。

転換社債の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation