@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

転移【てんい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

転移(精神分析)
てんい
transference
感情転移ともいわれる。自由連想による精神分析では、患者は分析が進んでくると不安や希望などを自由に話すようになり、分析者に対して特殊な感情的態度をもつようになる。信頼の度を超えて患者は分析者に愛情を抱くようになったり、その反対に敵対的で攻撃的になったりする。これをそれぞれ正の転移、負の転移という。こうした転移は、患者が幼児期に親に対して抱いていた感情が移しかえられて、分析者に対して表出されるようになったものとみなされる。この転移は転移神経症とよばれ、精神分析治療に対する一種の抵抗とみなされる。自由連想によって無意識が意識に近づいてくると、患者は無意識を意識しないようにする抵抗の手段として転移をおこすと考えられるからである。しかし、逆説的であるが、このような転移抵抗がおこるからこそ分析的治療が可能になってくるのである。転移がおこると患者の幼児期に生じた親との葛藤(かっとう)が面接の現場のなかで再現されるので、心理的な病のもとになっている葛藤を現実的な問題として処理することができるからである。この意味では、転移がおこるか否かによって、治療が可能かどうかが決められる。一般に神経症の患者では転移がおきても、精神病の場合には転移がおきないので精神分析は困難であるといわれるが、クラインや彼女の後継者は精神病の場合にも転移精神病がおこると考え、積極的に精神分析治療を行った。
 学習心理学の分野では、ある事柄を学習すると、他の事柄を学習しやすくなることがあるが、これを学習の転移という。この場合は、ある特殊な問題を解決するような能力を身につけるというより、もっと一般的な能力を身につけるかどうかが問題になる。[外林大作・川幡政道]
『ハインリッヒ・ラッカー著、坂口信貴訳『転移と逆転移』(1982・岩崎学術出版社) ▽松木邦裕著『分析空間での出会い――逆転移から転移へ』(1998・人文書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

転移」の用語解説はコトバンクが提供しています。

転移の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation