@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

転落【テンラク】

デジタル大辞泉

てん‐らく【転落/×顛落】
[名](スル)
ころげ落ちること。「岩場から―する」「―死」
上位から下位に一挙に落ちること。急激に落ちぶれること。「―の一途をたどる」「幕下に―する」
堕落すること。身をもちくずすこと。「の道に―する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こけ‐お・つ【転落】
〘自タ上二〙 ころげ落ちる。ころび落ちる。
※天草本平家(1592)三「ソバナ タニ エ coqe(コケ) votçuru(ヲツル) トコロデ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ころがり‐お・ちる【転落】
〘自タ上一〙 ころがりお・つ 〘自タ上二〙
① ころがって下へ落ちる。回転しながら落ちる。ころび落ちる。ころげ落ちる。
※滑稽本・七偏人(1857‐63)二「中段を足踏はづし、どたどたどったり、真仰向(まあふむけ)に転(コロガ)りおち」
② 高い地位から一気に転落する。ころげ落ちる。「チャンピオンの座から転がり落ちる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ころげ‐お・ちる【転落】
〘自タ上一〙 ころげお・つ 〘自タ上二〙 =ころがりおちる(転落)
※滑稽本・田舎草紙(1804)四「おびのあいだより、小銭百ばかりころげおちたるをひろい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ころび‐お・ちる【転落】
〘自タ上一〙 ころびお・つ 〘自タ上二〙 =ころがりおちる(転落)
※徒然草(1331頃)二一三「御前の火炉に火をおく時は〈略〉ころびおちぬやうに、心得て炭をつむべきなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まろび‐お・ちる【転落】
〘自タ上一〙 まろびお・つ 〘自タ上二〙 ころがって落ちる。ころげ落ちる。
※観智院本三宝絵(984)上「加久許の事に痛み迷て心弱はく丸ひ落つるぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

転落」の用語解説はコトバンクが提供しています。

転落の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation