@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

転読【てんどく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

転読
てんどく
経典を読誦すること。また経典の一語一句を誦する真読に対して,経典の初,中,後の数行を読んで経本を転回し全巻を読誦したものとすること。『大般若経』 600巻の転読はよく行われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てん‐どく【転読】
[名](スル)
経題経典の初・中・終の数行だけを略読すること。大部の経典、特に「大般若経」600巻について行われる。転経。→真読
経典を読誦(どくじゅ)すること。転経。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てん‐どく【転読】
〘名〙
① とびとびに読むこと。
※明治の光(1875)〈石井富太郎編〉二「西洋書の翻訳を、倒さまに転読するやうなせりふが」
② 仏語。経典を読誦すること。また、ていねいに読むこと。真読。
※続日本紀‐神亀四年(727)二月辛酉「請僧六百尼三百於中宮、令読金剛般若経
※平家(13C前)五「毎日に法花経一部転読する外は他事なし」 〔地蔵本願経‐下〕
③ 仏語。大部の経典の本文読誦を省略し、経題・訳者名あるいは経典の初・中・終の要所を読むことによって全体を読むのに代えること。多くは大般若経(六〇〇巻)に対して行なう読み方。⇔真読
※続日本紀‐天平一六年(744)三月丁丑「奉大安殿僧二百転読一日」
※太平記(14C後)六「是は大般若経転読(テンドク)の御布施なり」 〔蘇悉地経(別本二)‐中〕
④ 芸道で、順序をふまないであちこちをかじって不完全な芸を演ずること。
※花鏡(1424)知習道事「当時の若為手の芸態風を見るに転読になる事あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

転読」の用語解説はコトバンクが提供しています。

転読の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation