@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

軽口【カルクチ】

デジタル大辞泉

かる‐くち【軽口】
[名・形動]
調子が軽くておもしろい言葉・話。たわいないが、気がきいていて滑稽みのある言葉・話。「軽口をたたく」
軽妙なしゃれ。江戸時代に流行した地口(じぐち)・秀句(しゅうく)の類。
口が軽くてよくしゃべること。また、そのさまや、そのような人。「軽口を慎む」「軽口な人」
軽口話(かるくちばなし)」の略。
淡白な味。「軽口の酒」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かるくち【軽口】
俳諧用語。原義は口の軽いさま。転じて秀句地口(じぐち),口合(くちあい)の類をいうようになり,さらに転じて西山宗因や井原西鶴ら談林俳諧の風調を指すに至った。その特質は,即興性,速吟性,放笑性などであり,貞門から軽率・放埒な風体として攻撃を受けた。しかし西鶴らは,これこそ俳諧の原質であると信じて推し進めた結果,ことばの無尽蔵を誇りとする〈矢数(やかず)俳諧〉へと発展した。【乾 裕幸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かる‐くち【軽口】
〘名〙
① (形動) 口が軽く、軽率に何でもしゃべってしまうこと。また、そのさま。おしゃべり。
※日葡辞書(1603‐04)「Carucuchina(カルクチナ) ヒト」
② (形動) 語調が軽快で、滑稽めいて面白みのあること。また、そうしたことばや話。
※評判記・吉原讚嘲記時之大鞁(1667か)ときのたいこ「竹こまのかる口たたけど」
③ 秀句、地口、口合(くちあい)の類。軽妙なしゃれ。軽口咄(かるくちばなし)
※咄本・百物語(1659)上「入口のがくにあげし語、おどけたるかる口なりければ、書とめかへりし」
④ 役者の声色や身振りをまね、滑稽な話をして人々を笑わせること。また、それを業とする大道芸人。豆蔵。かるくちものまね。〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕
⑤ 淡泊な味。口あたりのよい味。
※咄本・口拍子(1773)かの子餠「買て味わふて見た処が、しごく軽口(カルクチ)さ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軽口」の用語解説はコトバンクが提供しています。

軽口の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation