@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

軽粒子【けいりゅうし】

世界大百科事典 第2版

けいりゅうし【軽粒子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

軽粒子
けいりゅうし

強い相互作用を行わず弱い相互作用をするフェルミ粒子(スピンが半整数の粒子)の総称で、レプトン(ギリシア語で軽い粒子の意)ともよばれる。素粒子に対する知見が不十分なころの分類法に由来している。陽子・中性子は電子の約2000倍の質量があるが、陽子・中性子と同程度またはそれ以上の質量の粒子を重粒子、電子のように軽い粒子を軽粒子、中間の質量のものを中間子(メソン)と名づけた。今日でもこれらの名前は使われているが、軽粒子の呼称は、この組の代表的素粒子である電子の特徴(「強い相互作用」を行わず「弱い相互作用」をする)を有するフェルミ粒子をさすときに使われる。

 軽粒子に分類されているμ(ミュー)粒子は、電子の約200倍の質量があるので、かつてはμ中間子とよばれていた。しかし今日では、その質量の違いを除けば電子とまったく同じ性質を有するので、軽粒子に分類されている。また1970年後半に発見されたτ(タウ)粒子も「強い相互作用」をしないので軽粒子とよばれているが、その質量は重粒子の陽子の約2倍もある(重い「軽粒子」)。今日では軽粒子は、電子、μ粒子、τ粒子とそれらに付随した中性微子(ニュートリノ)νe、νμ、ντの6粒子(とそれらの反粒子)が知られている。

  物質の基本要素としての粒子を分類する概念としては、クォーク属、レプトン属、相互作用を媒介している媒介子属を用いるのが適切である。

[益川敏英]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けい‐りゅうし ‥リフシ【軽粒子】
〘名〙 質量の小さい素粒子の一群。中性微子、電子、μ(ミュー)中間子など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けい‐りゅうし〔‐リフシ〕【軽粒子】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

軽粒子
けいりゅうし
レプトン」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軽粒子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

軽粒子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation