@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

軽衫【かるさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

軽衫
かるさん
袴の一種で,が太く,口が狭いもの。裾には横布がついている。語源ズボンのポルトガル語の calção。当初の形態は風俗屏風や『歌舞伎草紙絵巻』から察せられるが,しだいに日本化して踏込袴,裁付(たっつけ)山袴に近づき,当初の括緒(くくりお)袴様のものから,裾にひだをとって幅の狭い横布をつけた形態へと変化していった。最初は織田信長豊臣秀吉などもはいたが,18世紀に入ると庶民服飾の一部に取り入れられ,魚屋,呉服屋の手代,髪結い床の主人なども仕事着として利用し,19世紀には木曾街道の駕籠かきもはくようになり,しだいに都会から農村に入っていった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カルサン【軽衫】
袴(はかま)の一種。上を緩めに仕立て、裾口に細い横布をつける。中世末に来日したポルトガル人のズボンをまねたもの。武士から町人まで着用したが、江戸時代には町人の労働着となった。現代でも農山村や寒い地方で野良着として用いる。裁っ着け。カルサン袴(ばかま)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かるさん【軽衫】
ズボンの一種。ポルトガル語のカルソンcalção(半ズボンの意)に由来。16~17世紀,スペインを中心に西欧で,詰物を入れて大きくふくらませた短いズボン(英語でトランクホーズ)が流行し,南蛮貿易に伴って日本にも渡来した。ふくらんだ半ズボンに長靴下をはいたポルトガル人の姿をまね,短い(はかま)に脚絆(きやはん)を付けて作ったものをかるさん(衫はあて字)と呼び,くるぶし丈のシャルワール型のズボンとともに,キリスト教信者や武士の間で愛好された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

カルサン【軽衫】
〘名〙 (calção) 裾幅が狭く、筒状の裾継ぎを付けた袴の一種。近世初期には、身分を問わず広く用いられ、江戸時代には武士が旅装として着用。江戸中期以降は次第にすたれた。現在では、中部地方の農山村や寒い地方で野良着として男女共着用する。これは、紺木綿や縞織物で、上部をゆるやかに、下部を股引のように仕立てる。たっつけ。もんぺ。
※虎明本狂言・唐相撲(室町末‐近世初)「いしゃうぬぐうちにがくなり、一いろづつ、つぎつぎへわたし、じゅばんかるさんになり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軽衫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

軽衫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation