@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

輪島大士【ワジマヒロシ】

デジタル大辞泉

わじま‐ひろし【輪島大士】
[1948~2018]力士。第54代横綱。石川県出身。本名、輪島博。史上初の学生相撲出身の横綱。得意技は「黄金の左」といわれた左の下手投げ好敵手北の湖と「輪湖(りんこ)時代」を築いた。優勝14回。→第53代横綱琴桜(ことざくら) →第55代横綱北の湖

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

輪島大士 わじま-ひろし
1948- 昭和時代後期の力士。
昭和23年1月11日生まれ。日大で2年連続学生横綱。昭和45年花籠(はなかご)部屋に入門し,幕下付け出しで初土俵。46年7場所で入幕。48年21場所で54代横綱となる。左下手からの投げは「黄金の左」とよばれ,北の湖とともに一時代をきずく。56年引退。優勝14回。花籠部屋をついだが,61年廃業。プロレスラーをへて,学生援護会顧問。石川県出身。日大卒。本名は輪島博。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵mini

輪島大士
力士、第54代横綱。1948年1月11日生まれ、石川県七尾市出身。本名は輪島博。66年に日本大学に入学し、3年時と4年時に学生横綱に輝いた。大学を卒業した70年に花籠部屋に入門し、同年1月に幕下付け出しで初土俵を踏んだ。72年の夏場所で幕内初優勝を果たし、73年に史上初となる学生相撲出身の横綱となった。「黄金の左」と呼ばれた左の下手投げを得意技とし、好敵手であった第55代横綱・北の湖としのぎを削って「輪湖時代」を築いた。14回の優勝を果たし、81年に引退。花籠親方となって部屋を継いだが、85年に廃業した。2018年10月8日、70歳で死去した。
(2018-10-11)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

輪島大士
わじまひろし
(1948―2018)
第54代横綱。石川県七尾(ななお)市生まれ。本名輪島博。日本大学で学生横綱となり、1970年(昭和45)花籠(はなかご)部屋に入門、当時、蔵前(くらまえ)に国技館があったことから「蔵前の星」と評され、スピード出世を果たした。1972年大関に同時昇進した貴ノ花(たかのはな)(1950―2005)とともに一時「貴輪(きりん)時代」とよばれた。1973年、学生相撲(ずもう)出身力士として初めて横綱に昇進した。身長185センチメートル、体重132キログラム。左を差し、右から強烈に絞り、「黄金の左」から放つ下手投げが得意技であった。横綱昇進後は左右どちらの四つでも自在に相撲をとることができ、5歳年下の好敵手北の湖(きたのうみ)とともに「輪湖(りんこ)時代」を築き、全勝3回を含む優勝14回を記録した。幕内通算成績620勝213敗85休。1981年引退し、花籠部屋を引き継いだが、1985年に廃業。プロレスに転向し話題になったが、平成30年に70歳で死去した。[徳増信哉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輪島大士」の用語解説はコトバンクが提供しています。

輪島大士の関連情報

関連キーワード

マネー・ロンダリング自由形農業遺産民進党築地市場[各個指定]芸能部門新藤兼人パリ協定ウォルマート技術革新力ランキング

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation