@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

輪王寺【りんのうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

輪王寺
りんのうじ
栃木県日光市山内にある天台宗の寺。山号日光山神護景雲1 (767) 年勝道上人の創建。初め四本竜寺とし,のち空海円仁らが入山した。空海は二荒 (ふたら。男体山の別称) を音読して日光と改めた。円仁は天台宗に改宗させ,満願寺の号のもとに大いに栄えて,延暦寺に次ぐ盛況であったが,豊臣秀吉に寺領を奪われて衰えた。天海僧正が別当となり江戸幕府の保護を得て再興し,元和2 (1616) 年徳川家康遺体当地に葬って,霊東照宮造営してから再び繁栄した。守澄法親王を仰いで輪王寺宮の名を賜わり門跡を称し,上野の寛永寺を兼摂した。明治神仏分離で東照宮,二荒山神社と輪王寺に分離された。三仏堂,常行堂,慈眼堂などの諸堂があり,徳川家光を葬った大猷院霊廟は国宝。 1999年東照宮,二荒山神社とともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りんのう‐じ〔リンワウ‐〕【輪王寺】
栃木県日光市にある天台宗の門跡寺院。山号は、日光山。天平神護2年(766)勝道が開創。四本竜寺(のちの満願寺)と称した。慶長18年(1613)天海が入寺、徳川家康の墓所として東照宮を造営。のち、後水尾天皇の皇子守澄法親王が初代門跡となり輪王寺と改称。明治4年(1871)神仏分離令により東照宮と分かれた。大猷院霊廟の本殿・相の間・拝殿国宝。平成11年(1999)「日光の社寺」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。日光門跡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

輪王(りんのう)寺
△宮城県仙台市青葉区▽にある寺院。曹洞宗。山号は金剛宝山。本尊釈迦牟尼仏。1441年創建。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りんのうじ【輪王寺】
栃木県日光市にある天台宗の寺。山号は日光山。日光門跡,御本坊とも称した。日光山の山岳信仰の歴史は古く,寺も天平のころ勝道が創した四本竜寺に始まると伝える。寺名はその後四本竜寺から満願寺に変わり,院号も一乗実相院,光明院へと変わった。1613年(慶長18)天海が中興した。17年(元和3)東照大権現の号を贈られた徳川家康の廟が建てられ,36年(寛永13)には大造営が行われた(日光東照宮)。これより先,1621年に本坊が造営され,東照宮の別当寺としての役割を果たすこととなった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りんのうじ【輪王寺】
栃木県日光市にある天台宗の寺。山号、日光山。766年勝道が開創した四本竜寺に始まるという。一時衰微したが、慶長年間(1596~1615)天海が再興。1616年徳川家康の遺骨を移葬し、霊廟れいびよう東照宮を造営、55年輪王寺と号す。明治の神仏分離令により東照宮とは分かれた。
東京都台東区上野公園にある天台宗の寺。もと東叡山寛永寺の本坊。門跡寺院。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

輪王寺
りんのうじ
栃木県日光市山内にある天台宗の門跡(もんぜき)寺院。766年(天平神護2)勝道上人(しょうどうしょうにん)により開創された四本竜寺(しほんりゅうじ)に始まる。810年(弘仁1)に満願寺の号を受け、820年には空海、848年(嘉祥1)には円仁(えんにん)がきて諸堂が建立され、山内は大いに栄えたと伝えられる。のちやや衰退したが、源頼朝(よりとも)の寺領の寄進や北条時頼(ときより)の帰信など鎌倉幕府の庇護(ひご)を受け、1308年(延慶1)には仁澄(にんちょう)親王が当山第27世となり、皇室との関係も密接となった。最盛時には僧坊300余といわれたが、足利尊氏(あしかがたかうじ)の兵乱に巻き込まれ、さらに豊臣(とよとみ)秀吉による寺領没収などで、大坊が9か寺残されるのみとなった。
 慶長(けいちょう)年間(1596~1615)天海(てんかい)が当山に入って以来ふたたび興隆し、徳川家康の帰依(きえ)も厚く寺領2000余石を受けた。家康没後、秀忠(ひでただ)は父家康の霊廟(れいびょう)をつくり、1617年(元和3)久能山(くのうざん)から霊柩(れいきゅう)を迎えて改葬し、東照大権現(だいごんげん)とした。以来徳川幕府と特別な関係を保ち、諸大名の寄進も行われて、家光(いえみつ)の東照宮改築をはじめ諸堂がしだいに完備した。1655年(明暦1)には輪王寺の号を受け、後水尾(ごみずのお)天皇の皇子守澄(しゅちょう)法親王が初代の門跡となり、寛永(かんえい)寺門跡、天台座主(ざす)をも兼ね、明治に至るまで歴代法親王は管領宮(かんりょうのみや)として仏教界に君臨した。1871年(明治4)神仏分離令で、日光東照宮、二荒山(ふたらさん)神社が独立し、寺は満願寺の旧名を称したが、1885年日光山輪王寺門跡号を復活した。以後、三仏堂(国重文)を本堂とする。家光の霊を祀(まつ)る大猷院霊廟(だいゆういんれいびょう)の本殿・相の間・拝殿の3棟が国宝に、同じく大猷院霊廟の唐門・皇嘉門など19棟、また常行(じょうぎょう)堂、慈眼(じげん)堂、特徴ある相輪(そうりんとう)などが国重要文化財に指定されている。1961年(昭和36)焼失した鳴竜(なきりゅう)で有名な薬師堂は68年復興された。寺宝には『大般涅槃経集解(だいはつねはんぎょうしゅうげ)』(国宝)、東照権現像八幅、千手観音(せんじゅかんのん)像(ともに国重文)などや工芸品、古書を多く蔵する。4月2日の強飯(ごうはん)式、5月17日の延年の舞は有名。[塩入良道]
『山本健吉他文、名鏡勝朗写真『古寺巡礼 東国2 輪王寺』(1981・淡交社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

輪王寺
(栃木県日光市)
天台宗三大本山指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輪王寺
(宮城県仙台市)
ふるさとみやぎ文化百選 建造物とまちなみ編」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りんのう‐じ リンワウ‥【輪王寺】
[一] 宮城県仙台市青葉区北山にある曹洞宗の寺。山号は金剛宝山。嘉吉元年(一四四一)開創。開基は伊達持宗。開山は太庵梵守。江戸時代は東奥八百八か寺の総録司。
[二] 栃木県日光市山内にある天台宗の門跡寺院。山号は日光山。天平神護二年(七六六)勝道が開創し、四本龍寺と称した。弘仁元年(八一〇)満願寺の勅号を賜わり、嘉祥元年(八四八)円仁が入山、一乗実相院とも称した。のち衰微し、慶長一八年(一六一三)天海が再興。徳川家康の墓所となり、東照宮を造営し、守澄法親王が初代の門跡となり、明暦元年(一六五五)現名を与えられる。明治四年(一八七一)神仏分離で東照宮・二荒山(ふたらさん)神社が独立し満願寺の旧号を称したが、同一六年に復称。大猷院霊廟三棟および所蔵する大般涅槃経集解(だいはつねはんぎょうしゅうげ)五九巻は国宝。
[三] 東京都台東区上野公園にある天台宗の寺。もと東叡山寛永寺の本坊で久遠寿院と称した。明暦元年(一六五五)現名を与えられる。守澄法親王入寺以来門跡となる。明治維新に彰義隊がたてこもり焼失。明治二七年(一八九四)再建。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輪王寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

輪王寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation