@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

輪鼓【リュウゴ】

デジタル大辞泉

りゅう‐ご〔リウ‐〕【輪鼓/輪子】
鼓(つづみ)のように、の中ほどがくびれた形。
平安時代の散楽曲芸で、1のような形をしたもののくびれた部分に緒を巻きつけ、回しながら投げ上げたり、受け取ったりするもの。
紡績具で、紡錘(つむ)に取り付け、調べ糸をかけて回転させるもの。
紋所の名。1を図案化したもの。
武具で、1の形をした指物
馬術で、馬を1の形のように歩ませるもの。りゅうごのり。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りゅうご【輪鼓】
中央がくびれての形をした木製こま地面で行わず空中であやつって回すところに特色がある。2本の細い竹の先に長いを結んだものを両手にもち,こまのくびれた部分を糸にかけ,両手で糸を上下にあやつってこまを回転させながら,空中に投げ上げたり,落下するのをまたすくいとって遊ぶ。中国ではすでに唐時代に流行し,日本では平安時代の《和名抄》に〈輪鼓〉が紹介されており,鎌倉時代には大衆化されて子どもの玩具にもなったらしい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

輪鼓
りゅうご
中央がくびれて鼓(つづみ)の形をした木製独楽(こま)。鼓独楽。空中独楽。デアボロdiaboloともいう。2本の細い竹の先に長い糸をつけたものを両手に持ち、独楽のくびれた部分を糸にかけ両手で上下に操って鼓を回しながら空中に投げ上げ、またすくい取ったりして遊ぶ。地面で回す独楽ではなく、空中で操って遊ぶところに特徴がある。中国では古く唐代に流行し、日本には平安時代に渡来し、輪鼓の名で曲芸の一種としてもてあそばれた。その形と遊び方からこの名がついた。鎌倉時代には大衆化されて子供の遊具にもなったが、さらに室町時代以後は、能から離れた放下師(ほうかし)が街頭で演じて業とした。江戸時代には衰退したが、明治後期からデアボロの名で復活して流行した。中国からヨーロッパに伝わり、19世紀から20世紀にかけて流行したものが日本にも渡来したものである。現在でも九州や東北地方の温泉地などに郷土玩具(がんぐ)としてみられる。[斎藤良輔]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輪鼓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

輪鼓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation