@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

輸入代替工業化政策【ゆにゅうだいたいこうぎょうかせいさく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

輸入代替工業化政策
ゆにゅうだいたいこうぎょうかせいさく
import-substitution industrialization policy
輸入している工業製品を国産化することによって近代的工業化や経済発展を進めようという政策。 1950~60年代にまずラテンアメリカ諸国で,次いでアジアの国々で実施された。1次産品交易条件の長期的な不安定化を脱し,増加する人口に対応した発展には工業化や脱1次産品依存型の政策が必要なこと,さらに政策的には国外産品との競争を制限することによって,本来競争力のない国産品であっても市場を獲得できることから,工業化戦略の初期段階で活用されることが多い。しかし高関税や補助金などの保護政策は経済効率をそこない,財政負担も大きくなるため,本格的な経済発展には輸出指向工業化政策への転換が必要である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輸入代替工業化政策」の用語解説はコトバンクが提供しています。

輸入代替工業化政策の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation