@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

輸入【シュニュウ】

デジタル大辞泉

しゅ‐にゅう〔‐ニフ〕【輸入】
[名](スル)ゆにゅう(輸入)」に同じ。
「武器を―する」〈鉄腸南洋の大波瀾〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆ‐にゅう〔‐ニフ〕【輸入】
[名](スル)
外国の産物・技術などを自国に取り入れること。特に、外国の商品を自国へ買い入れること。「木材を輸入する」「並行輸入」⇔輸出
運び入れること。「輸入麻疹(はしか)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆにゅう【輸入】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

輸入
ゆにゅう
import

外国で生産された商品を国内消費のために購入すること。輸入によって、自国の生産活動に不可欠な原材料や国民生活のための必需品を確保し、国民経済の安定した発展・運営を図る。しかし、輸入は外貨の流出を伴い、また国民生活・国内産業への影響が大きいため、政府により規制・管理されがちである。

[秋山憲治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅ‐にゅう ‥ニフ【輸入】
〘名〙 (「しゅ」は「輸」の正音。「ゆ」は慣用音) =ゆにゅう(輸入)〔布令必用新撰字引(1869)〕
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉緒言「憲法々律にても、之を其国に輸入(シュニフ)して風俗人情に適当せざるときは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆ‐にゅう ‥ニフ【輸入】
〘名〙 (「ゆ」は「輸」の慣用音。正音は「しゅ」)
① 運び入れること。
※育児読本(1931)〈田村均〉四六「幼稚園で百日咳に感染して家庭に輸入(ユニフ)し」 〔史記‐李牧伝〕
② 外国から品物を買い入れること。⇔輸出。また、外国の思想・制度などを取り入れること。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉七「日本人は色々な主義、色々なイスムを輸入(ユニフ)して来て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輸入」の用語解説はコトバンクが提供しています。

輸入の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation