@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

輸出指向工業化政策【ゆしゅつしこうこうぎょうかせいさく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

輸出指向工業化政策
ゆしゅつしこうこうぎょうかせいさく
export-oriented industrialization policy
国際市場での競争のなかで工業製品輸出を拡大していくことにより工業化,近代的経済発展を実現しようとする政策。関税引下げ,輸出加工区,関連インフラ整備,技術導入・研究開発への支援が有効な施策。国際市場では保護政策によって市場を確保することは困難であり,比較優位が具体化していなければ成功しないが,競争促進が自立的発展を促すという機能があり,また政策コストも少くてすむ。本格的な経済発展には,輸入代替工業化政策からこのような政策に転換することが必要となる。アジア新興工業地域 NIES東南アジア諸国連合 ASEAN諸国の成功の背景には,このような転換がうまく進んだことがあげられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輸出指向工業化政策」の用語解説はコトバンクが提供しています。

輸出指向工業化政策の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation