@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【コク】

デジタル大辞泉

こく【×轂】
車のこしき車轂
「―相撃ちては砕けぬべきをも覚えざるは」〈紅葉金色夜叉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こく【轂】[漢字項目]
[音]コク(呉)(漢) [訓]こしき
車輪の軸を受ける部分。こしき。「轂下(こっか)轂撃(こくげき)輦轂(れんこく)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こしき【×轂】
牛車(ぎっしゃ)などの車の輪の中央の太い部分で、放射状に差し込まれた輻(や)の集まっている所。その中心に車軸が通っている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こしき【轂】
牛車などの車輪の中央にあって、輻が差し込んであるもの。中を車軸が貫いている。筒どう。こく。 新撰字鏡牛車ぎつしや

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こく【轂】
〘名〙 車のこしき。車轂。〔二十巻本和名抄(934頃)〕〔礼記‐曲礼上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こしき【轂】
〘名〙 車輪の中心の輻(や)が集まる太く丸い部分。中を車軸が貫いている。筒(どう)
※新訳華厳経音義私記(794)「轂輞 上己之岐(コシキ)下矢也」
※延喜式(927)一七「牛車一具。〈略〉轅輻料樫(かしのき)九十七枚。(こしき)料槻二枚」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

轂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation