@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

農具便利論【のうぐべんりろん】

世界大百科事典 第2版

のうぐべんりろん【農具便利論】
幕末の農学大蔵永常著書で,《広益国産考》とならぶ主著の一つ。全3巻。1822年(文政5)刊。全国各地で使用される農具のうち,ひろく普及の価値ありと考えられるものを,こまかく絵入りで説明している。耕耘(こううん),種まき除草施肥給水収穫,調整など各作業ごとの用具をとりあげるが,とくにくわに詳しく,各種のくわのの長さと幅,柄との角度など,一つ一つ数字をあげて解説し,江戸時代の農具の最も詳しい実用的図鑑になっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

農具便利論
のうぐべんりろん

農業技術書。著者は大蔵永常(おおくらながつね)。1822年(文政5)刊。上中下三巻よりなる。上巻は、自序、総論に続いて、鍬(くわ)、鋤(すき)、代掻(しろか)き用具、熊手(くまで)、除草用鍬などについて、使用の便利だけではなく、仕様書をみればその農具をつくることが可能なほど詳細な記述がある。それに続いて、夏の干魃(かんばつ)のとき井戸から水を引く法とか、小農具に触れている。中巻はやや個別の農具、たとえば培土用具から、イモ植車、あるいは地下足袋(じかたび)風のくふうや、畜力犂(すき)、人力犂その他が記されており、とくに千歯扱(せんばこき)などを紹介して、農民が新しい道具を受け入れることを強調している。下巻は、やや大掛りな揚水機の紹介だが、ここではオランダ製の揚水機まで説明している。これらはそれを使っている風景まであって、それが広く読まれる原因ともなっている。

[福島要一]

『山田龍雄他編『日本農書全集15 除蝗録・農具便利論・他』(1977・農山漁村文化協会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

農具便利論
のうぐべんりろん
江戸後期,大蔵永常 (ながつね) の農業技術書
1822年刊。3巻。全国各地の農具を綿密に調査し,農具の種類・形態・機能を分類,その利害得失を記述した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農具便利論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

農具便利論の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation