@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

農場【ノウジョウ】

デジタル大辞泉

のう‐じょう〔‐ヂヤウ〕【農場】
農業を経営するのに必要な設備と広さをもつ一定場所。「集団農場

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のうじょう【農場】
農業生産が営まれている比較的規模の大きい農地と,生産のために必要とされる機械やその他の諸施設を装備している経営単位。家畜飼養を伴うことも多い。経営規模や装備などについての厳密な規定はなく,慣用的に用いられるもので,経営主体は個人,企業体,公共機関などの場合がある。その土地の名やその性格を示すような名称をとることが多い。ソ連国営農場(コルホーズ)や集団農場(ソホーズ)はきわめて規模の大きい農業の生産組織であり,アメリカやオーストラリアなどの個人所有の農場にも数千haの規模のものがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

のうじょう【農場】
農業経営を行うのに必要な土地・建物・施設などのある一定の場所。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のう‐じょう ‥ヂャウ【農場】
〘名〙 組織的な農業経営を行なうために、土地と農舎・農機具などを備え、耕作・牧畜をしながら人々が生活している一定の場所。
※南国記(1910)〈竹越与三郎〉八「農会は人を派して耕作法を改良し、肥料を用ゆるを勧め、農場を有して、種子苗木を売り出し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農場」の用語解説はコトバンクが提供しています。

農場の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation