@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

農工銀行【ノウコウギンコウ】

デジタル大辞泉

のうこう‐ぎんこう〔‐ギンカウ〕【農工銀行】
明治29年(1896)制定の農工銀行法に基づき、各府県設立された特殊銀行。農工業の改良発達のための貸付を目的としたが、大正10年(1921)に勧農合併法が制定され、漸次日本勧業銀行合併された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のうこうぎんこう【農工銀行】
戦前の特殊銀行の一つ。1896年4月に公布された農工銀行法にもとづき,1898‐1900年の間に全国46府県に1行ずつ農工銀行が設立された。北海道は事情が異なるので,別に北海道拓殖銀行法が公布された(1899)。農工銀行は農工業のために不動産抵当で長期資金を貸し出す点では日本勧業銀行と同一だが,その他に土地を持たない小作人への融資の道も開いていた。しかし営業区域,株主が所在府県内に限定され,割増金付債券発行が認められなかったため,資金吸収の面では勧銀に比べ不利であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

農工銀行
のうこうぎんこう
1896年(明治29)に制定された農工銀行法および同補助法により設立された特殊銀行。1898年1月の静岡農工銀行を最初として、1900年8月の阿波(あわ)農工銀行まで、北海道を除く全国各府県に1行ずつ46行設立された。設立に際して補助法による各府県引受株式払込金の交付のほか、有力地主などに株式引受けが強制された。主たる業務は、不動産抵当貸付のほか、20名連帯無抵当貸付など中産以下の地方農工業者への金融も考慮され、殖産興業政策と並んで小農保護思想の色彩もあった。とくに地方の信用組合・産業組合の中央金庫としての役割を果たすことが想定されたが、農工債券発行による資金調達も円滑化せず、貸付機能も弱く、予期の成果をみるに至らなかった。かくて明治末年から、日本勧業銀行の代理貸付、その他の援助を通して、とくに農業県の農工銀行は独立性を弱めることとなった。1921年(大正10)には「日本勧業銀行及農工銀行ノ合併ニ関スル件」が制定され、21~23年に19行、34年(昭和9)までに10行、36年に12行、第二次世界大戦下の44年に5行と、すべて日本勧業銀行に合併され、各地方支店となった。[岡田和喜]
『杉本正幸著『全国農工銀行発達史』(初版・1924/改版増補・1927・全国農工銀行発達史発行所) ▽大蔵省編『明治大正財政史 第15巻』(1938・財政経済学会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のうこう‐ぎんこう ‥ギンカウ【農工銀行】
〘名〙 明治二九年(一八九六)の農工銀行法の制定により各府県に設立された特殊銀行。農工漁労民を対象に不動産抵当を主として資金を貸し出し、殖産増強を計った。大正一〇年(一九二一)から昭和一九年(一九四四)にかけ、日本勧業銀行に合併。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

農工銀行
のうこうぎんこう
明治時代,地方の農工業育成を目的として設立された金融機関
1896年制定の農工銀行法に基づき,'98〜1900年にかけて北海道を除く各府県に設立。不動産を抵当に中小農民に資金を供給したが,'20年代に日本勧業銀行に合併された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農工銀行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

農工銀行の関連情報

関連キーワード

樋口一葉深刻小説トムソン(Sir Joseph John Thomson)内閣総理大臣フォーレシモンズ(Arthur Symons)スペンサー(Herbert Spencer)[各個指定]芸能部門ピエール キヤール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation