@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

農業共済組合【のうぎょうきょうさいくみあい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

農業共済組合
のうぎょうきょうさいくみあい
1947年の農業災害補償法に基づく公共的共済事業における市町村単位の組織。国と農家が掛け金を出し合い,農産物果樹家畜養蚕などに損失が出た場合に農家に共済金で補償する。組合へは強制加入することになっており,ほぼ全農家が加入している。掛け金率は農家より国が多くなっている。なお農協が行なっている「農協共済」とは異なる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のうぎょう‐きょうさいくみあい〔ノウゲフキヨウサイくみあひ〕【農業共済組合】
農業災害補償法に基づく共済事業を行う機関。地区内の農家を組合員として市町村を単位に設立され、都道府県単位では連合会を組織する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のうぎょうきょうさいくみあい【農業共済組合】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

のうぎょう‐きょうさいくみあい ノウゲフキョウサイくみあひ【農業共済組合】
〘名〙 農業者が不慮の事故によって受ける損失を補償して農業経営の安定を図るため、農作物、蚕繭、家畜、果樹などについての共済事業を行なう団体。原則として市町村ごとに設立される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農業共済組合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

農業共済組合の関連情報

関連キーワード

カザン(Elia Kazan)新藤兼人カシミールジュネイーグルス2025年問題ロジンスキー日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A国家行政組織法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation