@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

農民一揆【ノウミンイッキ】

デジタル大辞泉

のうみん‐いっき【農民一×揆】
封建社会において、農民領主に対して起こした反抗運動。日本では中世土一揆(つちいっき)徳政一揆近世百姓一揆としてあらわれた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

のうみんいっき【農民一揆】
封建社会において、農民が領主の圧政などに対して起こした集団的反抗運動。日本では室町時代に土一揆・国一揆・一向一揆、江戸時代には百姓一揆として発生、特に幕末に頻発し封建社会の基礎を揺るがした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のうみん‐いっき【農民一揆】
〘名〙 封建社会における農民の反領主運動。特に領主の側の封建的反動、貢納・賦役の強化に対して、あるいはまた都市商業の発展から受ける圧迫や打撃に対して起こされたが、多くの場合領主に鎮圧された。日本では、中世に土一揆、近世に百姓一揆として現われた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

農民一揆
のうみんいっき
Bauernkrieg
ヨーロッパにおける封建制度の解体過程に起きた農奴の領主に対する反乱。農民戦争・農民反乱ともいう
封建社会内部の貨幣経済の発展荘園の解体などによる危機を封建地代の強化(封建的反動)によって打開しようとした領主に対し,封建地代の軽減,農奴制の廃止などを要求して農民の一揆が起こった。一揆は経済的先進地帯から始まり,多くは労働地代の崩壊期に集中する。農民一揆は,一般に自然発生的かつ未組織で,そのため多くは敗北したが,封建社会の解体や農奴解放を促進する役割を果たした。ヨーロッパの代表的なものとしては,14世紀イギリスのワットタイラーの乱,フランスのジャックリー(の乱),15〜16世紀のドイツのフス戦争・農民戦争,17世紀ロシアのステンカ=ラージンの乱,18世紀のプガチョフの乱などがある。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

農民一揆
のうみんいっき
明治前期の農民運動
明治政府の成立後も農民の負担は江戸時代と変わらず,そのうえ激動の不安が加わり,世直し一揆が頻発した。のち徴兵令・学制・地租改正などの政府の施策が農民に重い負担となったので,これらに反対するスローガンを掲げた農民一揆が続発した。ことに1876年には茨城県や東海四県に地租改正反対の大一揆がおきたので,政府は弾圧を加えるとともに,翌年地租の税率を引き下げた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農民一揆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

農民一揆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation