@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

農耕儀礼【のうこうぎれい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

農耕儀礼
のうこうぎれい
植物,特に食用植物に関する宗教的行事。特に穀物は耕作方法に多くの労があるため,特殊な宗教的行事の発展がみられる。インドのムンダ諸族ボルネオダヤク諸族,フィリピンのカリンガ族などの焼畑農耕民では,農作業の諸段階ごとに,占い,夢判断,動物供犠などを行い,厄災の防除や豊作を祈願する。その際,血と灰に呪術的な意味をもたせる点に特徴がある。日本をはじめ東南アジアの水農耕民においては播種,苗代づくり,田植え,防虫害,収穫などの各段階でその都度神を祀り,また供物や最初の収穫物を捧げて,厄よけと豊作を祈念する行事を行う。日本では,いわゆる年中行事がこれにあたるが,中国の暦法が受容される以前は,原初的な歳時風俗は農耕儀礼母体としていた。特に田の神が春2月の満月の日に山から里に降り,冬 11月に田から再び山に帰るという信仰が,全国的にほぼ一様に認められる。宮廷の2月初めの祈年祭と 11月下弦の新嘗祭 (にいなめさい) とが民間の神送迎の祭りと時を同じくするのも,こうした習俗に基礎をおくものといえる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のうこう‐ぎれい〔ノウカウ‐〕【農耕儀礼】
豊作を祈って行われる儀礼・祭事予祝儀礼から収穫感謝祭に至るまで、農作物の生長段階に応じて営まれる一連の儀礼をいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のうこうぎれい【農耕儀礼 agricultural rites】
農作物の主要な栽培過程に行われる一連の儀礼。麦やアワトウモロコシなどの穀物を対象とする儀礼と,タロイモヤムイモ,その変種サトイモなどを対象とする儀礼に大別される。麦作儀礼はオリエントやヨーロッパなどの旧大陸にひろく分布しているが,稲作儀礼は日本を含む東アジアや東南アジアの大陸部や島嶼(とうしよ)部に,アワ作儀礼は東アジアや南アジア,アフリカなどに,トウモロコシの儀礼は北米中南米などの新大陸に分布している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

のうこうぎれい【農耕儀礼】
農業生産の過程に従って、生産の無事・豊穣を願い、また感謝するために行われる儀礼。原始・古代以来、世界各地の農耕社会に例外なく見られる。日本の田の神の送り迎え・虫送り・雨乞いや新嘗祭しんじようさい・秋祭りなどはその例。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

農耕儀礼
のうこうぎれい
農耕の生産過程の折り目ごとに営まれる信仰的儀礼をいう。日本の農耕の中心は水稲栽培であり、農耕儀礼も稲作に重点が置かれてきた。稲米栽培の展開にしたがっておもな儀礼を記すと、予祝、播種(はしゅ)、田植、推移、収穫の五段階の儀礼に分けられる。予祝儀礼とは、年頭にあらかじめ稲作の豊饒(ほうじょう)を祈っておく儀礼で、形式的に田を三鍬(くわ)耕し、餅(もち)や焼き米を供えて豊饒を願う祝い言を唱えたり、松葉を苗に見立てて田に挿したりする。また、小(こ)正月には餅花(もちばな)づくり、庭田植、鳥追いなど、多くの予祝儀礼が営まれる。播種儀礼としては、種子籾(もみ)を苗代に播(ま)いたあと、水口(みなくち)に供え物をして祝い、ついで苗代の中心部に田の神の依代(よりしろ)として斎串(いみぐし)を立てる儀礼がある。田植儀礼には、田の神を迎え、また送る儀礼が注意をひく。中国地方の山間部に伝えられる大田植・花田植の儀礼(囃田)は、田植が神事であったことをよく示している。推移儀礼としては、虫害駆除のための虫送り、干魃(かんばつ)に備えての雨乞(あまご)い、長雨に際しての日和(ひより)乞い、台風の被害を避けるための風祭などが営まれる。収穫儀礼としては、八朔(はっさく)(8月1日)または社日(しゃにち)に穂掛けの儀礼、ついで10月の亥(い)の日や十日夜(とおかんや)(10月10日)に刈り上げの祝いが営まれる。稲扱(こ)きが済んだ段階で扱き上げ祝い、脱穀が済んでの庭上げ祝いなどがあって、収穫の諸儀礼が終了する。なお、日本を含めて東南アジアの島嶼(とうしょ)地帯の稲作諸民族の間には、夫婦稲(ふうふいね)とか母稲・子稲という観念と、それに基づくさまざまな儀礼が広く分布している点が注目される。沖縄八重山(やえやま)列島では、稲積みと人間の産室とを同じくシラとよんでいる。それら諸儀礼を通じてうかがえることは、穀母が穀童を産み育てて続いてゆくとの信仰、さらには死と再生というモチーフの存在であろう。
 畑作儀礼としては、麦、粟(あわ)、稗(ひえ)、里芋(さといも)などの栽培に伴うものがあるが、稲作儀礼と比較すると簡略化されている。しかし水稲栽培普及以前の状態を考えれば、日本においても畑作・焼畑の占める比重は大きなものがあった。粟や稗については、現在でも正月行事に粟穂・稗穂を飾る土地が点々とある。また旧八月十五夜を芋名月とよぶ地域は広く、里芋を供える儀礼が顕著である。元来タロイモ系統の芋の収穫祭であった八月十五夜の祭儀が、水稲栽培の普及に伴って、稲の収穫儀礼に結び付くようになったものと考えられる。タロイモ系統の芋の収穫祭は、中国大陸の山岳地帯に住む多くの少数民族の間で、大きな比重を占めており、比較研究すべき問題である。[直江広治]
『伊藤幹治著『稲作儀礼の研究』(1974・而立書房) ▽にいなめ研究会編『稲と祭儀』(1967・協同出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のうこう‐ぎれい ノウカウ‥【農耕儀礼】
〘名〙 農作業の経過に応じて農神をまつり豊作を祈願する種々の神事。予祝、播種、田植、防災、収穫などのまつり。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農耕儀礼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

農耕儀礼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation