@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

農芸化学【ノウゲイカガク】

デジタル大辞泉

のうげい‐かがく〔‐クワガク〕【農芸化学】
農業生産の化学側面に関する研究を行う農学の一部門。土壌肥料農薬醸造・植物栄養・農産加工化学・畜産化学など多方面にわたる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のうげいかがく【農芸化学 agricultural chemistry】
化学の原理手法をもとに,農業生産およびその関連産業の諸問題を研究するために農学の一分野として発足した学問であるが,現在はあらゆる生物現象を化学的に解明し,得られた知見を第1次および第2次産業に応用する学問となっており,ライフサイエンスバイオテクノロジー発展に貢献している。農芸化学は化学や生物学を基礎として,農業生産,食品産業その他の産業活動と深い関連をもって発展する学問であり,食糧資源エネルギー,環境という人類生存繁栄基盤になる諸問題の解決に役だっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

農芸化学
のうげいかがく
agricultural chemistry

農業生産に関する化学的現象を研究する応用化学の一分野。土壌学、肥料学、栄養学、農薬学、酵素化学、醸造学、発酵学、栄養化学、林産化学、畜産化学、水産化学、食糧化学その他の諸分科がある。

[中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のうげい‐かがく ‥クヮガク【農芸化学】
〘名〙 農業生産の化学的側面に関する学問の総称。肥料学、土壌学、醸造学、林産化学、畜産化学などを含む。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

農芸化学
ノウゲイカガク
agricultural chemistry

農業生産に関連する化学的事象の研究や,農業・水産業などの生産物の利用についての化学的研究などを行う,広義の応用化学の一分野をいう.土壌学,肥料学,農薬学,栄養化学,発酵・醸造学,食品製造化学,農産物利用学,林産化学,畜産化学,水産化学などの諸分科があったが,最近はよりわかりやすい応用生物化学や応用生命化学などの名称が多く用いられている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農芸化学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

農芸化学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation