@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

農薬中毒【のうやくちゅうどく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

農薬中毒
のうやくちゅうどく
pesticide poisoning
農業従事者や農薬工場従業員などのように比較的高濃度の農薬に接触する者に起る急性または亜急性の重症中毒と,農作物に残留する微量の農薬が人畜の体内に蓄積した場合の残留毒性とに大別される。しかし,水銀農薬,パラチオン,テップ,DDT,BHCなどの毒性の強い農薬は次々に禁止されたので,重症中毒患者の発生は減少した。現在では,接触性皮膚炎,アレルギー性皮膚炎などの皮膚障害のほか,残留毒性の人体への影響が大きな問題とされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のうやくちゅうどく【農薬中毒】
農薬によってひき起こされる中毒をいう。直接農薬を扱う農民に多くみられ,農民の職業性中毒といえる。その発症のしかたで急性中毒慢性中毒に分けられるが,一般に多いのは前者である。急性中毒は当然,農薬散布中に発生することが最も多いが,散布時外に,たとえば散布直後の田畑へ入ったとか,他人の散布したものが降りかかったなどによって発生する例もかなりみられる。また誤飲誤用などの過失によるものや自他殺によるものも多く,後者ではしばしば重症になる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

農薬中毒
のうやくちゅうどく
農薬(殺菌剤、殺虫剤、除草剤、殺鼠(さっそ)剤、土壌消毒剤など)による中毒をいう。農薬中毒の発生状況をみると、散布中の中毒は年々減少の傾向がみられる。これは、強毒性農薬のパラチオンやTEPP(テップ)などから比較的低毒性の農薬に切り換えられてきたこと、農薬中毒の予防運動や農民の農薬の取扱いが慎重になったことなどによる。しかし、農薬による自殺や他殺は依然として減少していないことが注目される。以下、おもな農薬による中毒症状と治療法について述べる。[重田定義]

有機リン剤中毒

代表的なものがパラチオンで、強力な殺虫力をもつが毒性も強く、中毒事故が多発したため、1969年(昭和44)に製造が、1971年に使用が禁止された。パラチオン中毒の本態は、アセチルコリンを分解する酵素コリンエステラーゼの活性をパラチオンが阻害することにより、アセチルコリンが体内に蓄積してコリン作働性神経を過剰刺激することによる。軽症では、全身倦怠(けんたい)、頭痛、めまいに続いて、多量の発汗、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)が加わり、さらに異常な流涎(りゅうぜん)(唾液(だえき)分泌過多)がみられる。中等症になると、軽症の症状に加えて、縮瞳(しゅくどう)が高度になり、歩行不能、筋の線維性れん縮がみられ、言語障害、視力減弱が現れ、ついに意識がもうろうとなる。重症では、意識障害が強く、ついには消失する。気管支の分泌物が増加して口や鼻から泡沫(ほうまつ)を出し、肺水腫(すいしゅ)の症状を呈する。血圧が上昇し、発熱し、瞳孔は極度に縮小して対光反射も消失する。さらに中毒が進むと、全身けいれん、屎尿(しにょう)の失禁をきたし、治療を行わないと呼吸麻痺(まひ)のため死亡する。治療は特効的治療薬として「PAM(パム)注射液」(プラリドキシムヨウ化メチルの商品名)の静脈注射を行うほか、症状に応じて輸液、酸素吸入、鎮静剤や鎮けい剤の投与、強心薬や呼吸興奮剤の投与なども行われる。
 マラソンやスミチオンなど低毒性有機リン剤による中毒の発生機転もパラチオンと同様、コリンエステラーゼ活性の低下による。中毒症状も、いったん発症すればパラチオン中毒と変わらない。治療は前述のPAMとアトロピンの併用が効果的である。[重田定義]

カーバメイト剤中毒

カーバメイトはカルバミン酸塩やエステルを意味し、これにはデナポン、サンサイド、メオバールなどの殺虫剤が含まれる。この中毒も有機リン剤と同じくコリンエステラーゼ活性を阻害することによるが、生体内での代謝が速やかで回復も比較的早い。症状はパラチオン中毒とまったく同じで、治療にはアトロピンの注射が効果がある。[重田定義]

有機塩素剤中毒

有機塩素剤は有機リン剤と並ぶ強力な殺虫力をもち、DDTやBHCをはじめ、アルドリン、クロルデン、エンドリンなどのドリン剤が知られるが、そのほとんどが全面的に使用が禁止され、わずかにPCPのように除草剤として用いられているものがあるにすぎない。しかしそのPCPも魚毒性が強いために1990年(平成2)に農薬登録が失効された。一般に、いずれも毒性は強力である。ドリン剤による中毒の発生機序は明らかでないが、中毒症状は頭痛、めまい、悪心、嘔吐に始まり、重症の場合はてんかん様のけいれんをおこす。長期間の散布作業従事者では、慢性中毒として貧血もみられる。治療には特効薬がなく、鎮けい・鎮静剤を用いる。
 PCP(pentachlorophenolの略称)は除草剤や木材の防腐剤として使われたが、中毒の発生機序は、生体の組織呼吸においてリン酸化を阻害するため、代謝だけが異常に促進されることによる。中毒症状は、初期症状が特異的で、食欲とくに糖分の嗜好(しこう)が亢進(こうしん)するほか、長期にわたる発汗の異常亢進、関節痛などがみられる。また、下腿(かたい)の倦怠感、四肢のしびれ感などもあり、脚気(かっけ)と間違われやすい。重症例では悪心、嘔吐、発熱から虚脱状態に陥り、死亡する。皮膚症状は、にきび様の発疹(ほっしん)が現れ、その頂点が黒色を呈し、ときに化膿(かのう)する。治療はATP製剤を用いる。[重田定義]

有機水銀剤中毒

有機水銀剤は稲作の重要病害であるいもち病に著効を示す有機殺菌剤で、1968年以降は非水銀系の薬剤に切り換えられている。[重田定義]

ブラストサイジン中毒

抗いもち病細菌剤として日本で開発されたブラストサイジンSは農業用抗生物質で、毒性が低いので粉剤をヘリコプターで散布することがある。中毒症状は、粉剤散布後しばらくしてから結膜充血、異物感、流涙、強い眼痛、眼瞼(がんけん)(まぶた)の腫脹(しゅちょう)や発赤などがみられ、角膜の混濁や剥離(はくり)のために視力障害をおこすこともある。治療には、ステロイド剤の点眼が有効だが、角膜損傷がある場合にはステロイド剤の使用を慎重にする必要がある。[重田定義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内科学 第10版

農薬中毒(中毒)
定義・概念
 農薬には殺虫剤,除草剤などがあるが,自殺企図により大量服毒し重症となるものが多く,急性中毒の死因としてガス中毒についで多い.中毒物質は通常は本人の告知により推定できるが,告知がない場合も服毒した形跡など現場の状況,身体所見,初発症状などから大部分は毒物が推定できる.治療は,対症療法としての①生命維持療法,②薬毒物の吸収阻止,③吸収物の除去が主となるが,④解毒薬・拮抗薬などがある場合は早期に十分量投与する.
1)殺虫剤(insecticide):
 a)有機リン(organophosphorus):家庭用殺虫剤として広く用いられ,その種類も多い.多くは水に難溶であるために非イオン性界面活性剤や有機溶剤により乳剤として使用される.毒性が強く農薬中毒の死因の第1位を占めている.中毒作用はアセチルコリンエステラーゼ(AchE)活性の阻害によりアセチルコリン(Ach)が過剰蓄積(図16-2-1)し(田勢,2007),多彩な症状を呈する.AchEに結合した有機リンは,時間とともに結合がより強固になりエージング(aging)が起こり,正常化には赤血球AchEで35~49日,偽性AchEで28~42日かかる.
 症状はムスカリン様作用(副交感神経刺激症状)として発汗,流涎,悪心,嘔吐,縮瞳,気管支分泌物増加,徐脈,ニコチン様作用(横紋筋に対する作用)として筋線維性攣縮,全身痙攣,呼吸筋麻痺,中枢神経作用として意識混濁,昏睡,呼吸抑制などを呈する.吐物が乳白色で有機溶剤臭があれば,有機リン中毒を疑う.検査ではAchE活性値は低下し,大量服毒例ではほぼ0になる.診断は服毒の事実とAchE活性値の低下があればほぼ確定してよい.
 治療は昏睡,呼吸不全の場合,速やかに気道を確保し人工呼吸を行う.服毒後2~3時間以内であれば胃洗浄,その後腸洗浄を行う.活性炭は有機基質を吸着するのでリン基質が離れる前の状態では有用である.強制利尿,血液浄化法による薬物の除去促進はほとんど期待できない.拮抗薬としてPAM(pralidoxime iodide,ヨウ化プラリドキシム)(図16-2-1)を早期(24~36時間以内)に十分量(1000 mgを30分で,以後毎時500 mgで点滴静注)投与する.硫酸アトロピンはムスカリン様受容体におけるアセチルコリンの作用に拮抗し(図16-2-1),徐脈や著明な縮瞳がある場合は症状が改善するまで(1 mg以上静注)反復投与する.
 b)カーバメート(carbamate):カーバメートは殺虫剤としては有機リンについで頻用されている.毒作用機序は有機リン剤同様コリンエステラーゼを阻害し類似の症状を呈する.しかし,カーバメート剤は速やかに加水分解されてコリンエステラーゼは再賦活化されるため,症状の回復は速やかである.治療は有機リン中毒と同様であるが,拮抗薬としてはPAMは必要ではなく,硫酸アトロピン単独療法となる.
2)除草剤(herbicides):
 a)パラコート(paraquat):パラコートはビピリジリウム環を有する除草剤で,体内ではNADPHにより還元されパラコートフリーラジカルとなり,種々の臓器の機能障害を引き起こす(図16-2-2). 症状は催吐剤の添加による服毒直後の激しい嘔吐が必発する.組織傷害が強く,経口摂取では口唇,口腔,咽頭,食道,胃の粘膜にびらん・潰瘍を形成する.大量服毒例では早期に突然循環不全を生じ死亡する.循環不全がこなければ服毒2~3日後に腎機能や肝機能障害,1~2週間後に間質性肺炎,肺線維症となり予後不良となる.この時期に肺障害がなければ,大多数の症例では後遺症を残さず治癒する.
 特徴的な検査所見はないが,重症例では低カリウム血症,代謝性アシドーシスを認めることが多い.診断は尿の定性分析(尿に水酸化ナトリウム+ハイドロサルファイトナトリウムを加えると直ちに青色となる)で確定する.
 特異的に作用する解毒薬・拮抗薬はなく,一般の薬物中毒の治療に準じる.早期に十分胃洗浄を行い,積極的に腸洗浄を施行する.吸着剤は活性炭よりもケイキサレートが約10倍すぐれている.強制利尿による排泄促進効果は認められず,尿量を1~2 mL/kg/時程度を保つように輸液を行う.血液吸着(DHP)をはじめ,免疫抑制薬や抗酸化薬なども予後を改善するというエビデンスはない(上條,2009).ステロイドホルモンによるパルス療法は,服毒早期のショック,副腎機能不全,肺水腫や間質性肺炎の予防に用いられる.酸素投与はパラコートの毒性を増強させるため最低限の投与にとどめる.致命率は非常に高く,80%以上にも及ぶ.
 b)含リンアミノ酸系除草剤(amino acid herbicides containing phosphorus):毒性の強いパラコート製剤に代わる除草剤としてグルホシネート(glufosinate)やグリホサート(glyphosate)の使用頻度が増加している.グルホシネートはグルタミン合成酵素を阻害してアンモニア代謝をおさえ,植物内にアンモニアを蓄積させ枯死させる.哺乳類では他の代謝経路によりアンモニア代謝は阻害されず毒性は比較的低いとされる.しかし,重症例や遅発性障害もまれではなく死亡例も報告され,100 mL以上服毒では重症になりやすい.
 服毒早期に消化管直接刺激症状による悪心,嘔吐,腹痛,口腔粘膜びらん,胃炎が出現し,その後,興奮,逆行性健忘などの中枢神経症状が現れる.グルホシネート製剤に含まれる界面活性剤による消化管刺激や血管透過性亢進による重篤な症状を呈する場合もある.初期に症状が乏しくとも6~40時間後に,遅発性の意識障害,全身痙攣,呼吸停止などの重篤な遅発性神経症状を呈することがある(小山,2006).
 診断は服毒の事実がなければ困難である.吐物(青緑色)や臨床症状,その後突然の遅発性神経症状が生じたら,本中毒を疑う. 治療として特異的な解毒薬・拮抗薬はなく,胃洗浄,下剤,活性炭の投与を行う.グルホシネートは腎からの排泄が良好なため輸液とともに強制利尿を行う.本中毒では初期症状が軽度であっても,人工呼吸の必要性,意識障害や死に至る可能性を説明し,2日間程度は入院させ厳重に管理する.
 グリホサートはそれ自体の毒性は弱く,服用した場合の症状は配合されている界面活性剤によるものとされる.消化管刺激症状による嘔吐,下痢,消化管出血が起こる.また,血管透過性亢進により血圧低下や全身の浮腫がみられる.血圧低下は次第に著明になり,循環血液量減少性ショックとなり大量輸液やカテコールアミン投与も追いつかず死亡する場合もある.
 特異的な解毒薬・拮抗薬はなく,胃洗浄後活性炭を投与する.炭酸水素ナトリウムによる尿のアルカリ化でグリホサートの尿中排泄が増加する.大量服毒例では界面活性剤に対し血液吸着が有効である.また,循環管理は重要で,血圧低下時にはSwan-Ganzカテーテルによって循環動態をモニターし,十分な輸液とドパミン,ノルアドレナリンなどの投与が必要になる.
 c)アニリン系除草剤(aniline herbicides):アニリン系除草剤は生体内で加水分解されてアニリン誘導体を生じメトヘモグロビン(met-Hb)血症を呈する.met-HbのFe3は酸素と結合できないばかりでなく,酸素解離曲線を左方移動させ酸素運搬能は低下する.血中のmet-Hb濃度の程度により種々の低酸素症の症状を呈する.met-Hb濃度が30%以下では症状は軽度(倦怠感,頭痛)であるが,30~50%になると循環器系および中枢神経系の抑制(脱力感,頭痛,頻呼吸,頻脈,中等度の呼吸困難)をきたす.50~70%では重篤な症状(昏迷,徐脈,呼吸抑制,痙攣,アシドーシス)となり,70%以上では致死的となる.
 検査成績では,メトヘモグロビン血症,ヘモグロビン尿,血清間接ビリルビン,AST,ALTの上昇,動脈血酸素飽和度(低下)とPaO2の解離がみられる.動脈血や唇・粘膜がチョコレート色を呈していたならばメトヘモグロビン血症を疑い,ガスクロマトグラフィにより確定診断を行う.治療としてはmet-Hb濃度が30%以上の場合はメチレンブルーを投与する.メチレンブルー投与が無効な例では交換輸血が有効である.[田勢長一郎]
■文献
上條吉人:パラコート.臨床中毒学(相馬一亥監修,上條吉人著),pp260-267,医学書院,東京,2009.小山完二:グルホシネート.中毒症のすべて(黒川 顕編),pp215-218,永井書店,大阪,2006.田勢長一郎:代表的な中毒物質 有機リン系殺虫剤,カーバメイト系殺虫剤.救急・集中治療,19: 437-442, 2007.

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

農薬中毒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

農薬中毒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation