@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

辺地【ヘンジ】

デジタル大辞泉

へん‐じ〔‐ヂ〕【辺地】
仏語。阿弥陀仏の本願に疑いをいだきながら極楽往生を願った者の生まれる所。極楽浄土の辺界の地。
中央から遠く離れた土地。インド・中国から見た日本など。
「無比の誓願をおこして、―の異域に侍り」〈平家・一〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へん‐ち【辺地】
都会から離れた土地僻地(へきち)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

へんじ【辺地】
極楽浄土の片隅の地。往生を願い求めながらも弥陀の本願に疑惑を抱いていた者が生まれる所。辺界。
世界の片隅にある地。 我が朝は粟散-の境/平家 2へんち辺地

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へんち【辺地】
都会から遠く離れた土地。僻地。 -に赴任するへんじ辺地

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へん‐じ ‥ヂ【辺地】
〘名〙
① 仏語。彌陀の仏智に疑惑を抱きながら往生した者の生まれるところ。極楽浄土の辺界の地とも、浄土の化土ともいう。
※今昔(1120頃か)一七「地蔵菩薩の本誓・悲願、辺地・下賤を不嫌給ずと知ぬ」 〔無量寿経‐下〕
② 中心から遠く離れた地。中国やインドからみた日本の称。
※平家(13C前)一〇「無比の誓願をおこして、辺地の異域に侍べり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へん‐ち【辺地】
〘名〙
① 都会から遠く離れた不便な土地。僻地(へきち)。かたいなか。また、辺境の地。
※文華秀麗集(818)中・折楊柳〈嵯峨天皇〉「花寒辺地雪、葉暖妓楼吹」
※夜航余話(1836)上「辺地の苦況を述る詩なれば」 〔漢書‐鼂錯伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

辺地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

辺地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation