@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ツジ】

デジタル大辞泉

つじ【×辻】
《「つむじ(辻)」の音変化》
道路が十字形に交わる所。四つ辻。十字路。
人が往来する道筋。街頭。
辻総(つじぶさ)」の略。
[補説]「辻」は国字

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つじ【辻】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つむじ【×辻】
つじ」に同じ。
「道の―にこれを敷きて臥したり」〈今昔・四・二二〉
[補説]「辻」は国字。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つじ【辻】
辻という文字は日本で作られた会意による国字であり,十字状に交叉する道路を意味した〈十字〉に由来する。道路の交叉点,道ばた,縫い目の十文字になるところ,物の合計や物事の結果などの意味に用いられ,辻商,辻占辻打,辻君,辻芸ほか50あまりの熟語をつくる。石川県金沢では市場,長崎県南高来郡布津では道の追分,奈良県吉野郡では山道の合した所をいう。 交通の要衝である辻には古来,道祖神をまつった辻社辻堂など,種々の施設が置かれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つじ【辻】
つむじ(辻)の転。は国字
二つの道路が十字形に交差している所。また、四方からの道が集まりゆききする人が出会い別れる交通の要所。辻堂・辻社つじやしろが置かれ道祖神がまつられることが多い。十字路。四つ辻。
人通りの多い道筋。ゆききする人を相手に辻芸・辻説法・辻商つじあきないが行われる。街頭。ちまた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つじ【辻】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つむじ【辻】
道が十字に交差している場所。つじ。 名義抄

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


つじ
沖縄の公娼(こうしょう)地区、遊廓(ゆうかく)。方音チーヂ。1672年那覇の一角に私娼・街娼を集めてつくったのがその起源といわれ、1908年(明治41)には仲島(なかしま)・渡地(わたんじ)の両遊廓を合併して発展した。多くの妓楼(ぎろう)があり、アンマー(母親)とよばれる女性経営者が遊女(「ジュリ」という)たちを抱えていた。遊女は農村から身売りされてくる子女がほとんどで、これを「辻売(ちーぢうい)」あるいは「ジュリ売(うい)」と称した。少女時代に売られてくることが多く、行儀作法・料理・芸能を仕込まれて一人前のジュリになった。なお、辻は完全に女性たちのみによって経営される特別地区で、男性の居住は許されず、また大正期からは自治組織もつくられた。また、辻は単なる遊廓ではなく、男性の社交場としても広く利用され、そのなかから多くの芸能が生まれた。1945年(昭和20)の沖縄戦に至る米軍の大空襲で全壊し消滅。「ジュリウマ」(旧暦1月20日)にかつての名残(なごり)をわずかにとどめている。[高良倉吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つじ【辻】
〘名〙 (「つむじ」の転)
① 道路が十文字に交差している所。よつつじ。十字路。交差点。つむじ。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「三条京極のつじに立ち給へり」
② 路上。みちばた。ちまた。多く、「辻講釈」「辻占」などと、熟して用いられる。
※枕(10C終)三九「つぢありくわらはべなどの程々につけて」
※説経節・説経しんとく丸(1648)中「それみやこつしすから人のさたなすは、それ弓とりのみうちに、やまふじやの有けれは、弓矢めうか七代つくるとさたおなす」
③ 裁縫で、縫目の十文字になる所。
④ 物の合計。または、物事の結果。
※鵤荘引付‐永正一七年(1520)一一月二七日「則東西政所を取替、支配の辻五十余貫也」
※歌舞伎・好色芝紀島物語(1869)三幕「ト辻番の内を覗き『〈略〉御無心ながら少しの内お軒下をお貸しなすって下さいまし〈略〉此のお辻(ツジ)がないと内まで濡れて帰らなけりゃあならぬ』」
⑥ 馬具の名。
(イ) 「つじぶさ(辻総)」の略。
※延喜式(927)四一「六位以下鞍鞦総。不連著、但聴鞦衢(つじ)及後末
(ロ) 轡(くつわ)の部分の名。
(ハ) 鞦(しりがい)の組合わせの部分の名。
[語誌](1)「つむじ」の変化したものとされ、その「つむじ」は旋毛と関係すると見られるが、十字路の辻は、早くから「つじ」が一般的になっていたと思われる。
(2)「日葡辞書」には「tçǔji(ツウジ)」とあるが、同項目に「Michi tçuji(ミチツジ)」ともある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つじ【辻】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つむじ【辻】
〘名〙 =つじ(辻)
※斯道文庫本願経四分律平安初期点(810頃)「巷陌の四衢道の頭(ツムシ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

辻の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation