@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

近代思想【きんだいしそう】

世界大百科事典 第2版

きんだいしそう【近代思想】
大杉栄荒畑寒村によって1912年10月に創刊された思想・文芸誌。月刊。大逆事件後社会主義運動は〈冬の時代〉をむかえ,堺利彦らの社会主義者は売文社にってきびしい弾圧と経済的困窮に耐えつつ〈時機を待つ〉という態度をとるが,大杉らはそれにあきたらず,みずから時機をつくろうと発刊,〈運動史上の暗黒時代に微かながらも公然とあげた声〉(《寒村自伝》)となった。〈近代〉を冠した雑誌名としては日本最初で,名付け親である大杉の〈モダン〉さをいみじくも表していた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

近代思想
きんだいしそう

近代思想社発行の文芸、思想雑誌。1912年(大正1)10月~14年9月、15年10月~16年1月発行。大逆事件後のいわゆる「冬の時代」に、社会主義者の拠点として、大杉栄(さかえ)が編集兼発行人、荒畑寒村(あらはたかんそん)が印刷人となって発行した。堺利彦(さかいとしひこ)(貝塚渋六(じゅうろく))、高畠素之(たかばたけもとゆき)、土岐善麿(ときぜんまろ)(哀果(あいか))らが執筆し、マックス・スティルナー、クロポトキン、ウェデキントなどの思想を紹介して、大正中期から昭和にかけての人間観の変革の準備をなした。復刊後は、のちに労働者文学の代表となった宮嶋資夫(みやじますけお)を世に送り出した。雑報欄のエッセイ、文芸時評、書評なども、歯に衣(きぬ)きせぬ偶像破壊的な発言で文壇に新しい空気窓を設けようとし、初期『文芸春秋』の編集形態の先蹤(せんしょう)となった。

[亀井秀雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近代思想」の用語解説はコトバンクが提供しています。

近代思想の関連情報

関連キーワード

牧野省三白瀬矗光の科学史[各個指定]工芸技術部門ヤマサキバーブ大正准州ジゴマバルカン戦争

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation