@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

近代法【きんだいほう】

世界大百科事典 第2版

きんだいほう【近代法】
およそ19世紀初頭までに確立した近代市民社会の法をいう。私有財産保障契約の自由等の近代資本主義社会の基本的要請や,それらと密接に関連する政治的な個人主義,自由主義,民主主義等の諸原理によって構成された法秩序。これらの基本的原理は,憲法においては人格平等,基本的人権の尊重,議会制民主主義,権力分立,法治国家原理等に,また私法においては私的自治の原則,所有権の不可侵性,契約自由の原則過失責任の原則等に,刑法においては罪刑法定主義の原則等に具体的に示されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

近代法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

近代法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation