@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

近体詩【きんたいし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

近体詩
きんたいし
Jin-ti-shi
中国,古典の形式の一つ。古典詩を形式により分類したときの,古詩 (古体詩) に対する。「今体詩」とも書く。中国語には,発音の高低差により4つの声調「四声」がある。六朝末期にそれが自覚,分類され,以来詩の制作でも,声調の配列を工夫することで全体のリズムを考えるようになり,初唐末,対句や押韻を含め,規則が完成した。それに従ってつくられた詩が近体詩で,規則に従わないものを古詩と呼ぶ。近体詩中,1首の詩が4句から成るものを「絶句」といい,1句の字数により五言絶句 (五絶) ,七言絶句 (七絶) と呼ぶ。1首が8句またはそれ以上から成るものを「律詩」といい,字数により五言律詩 (五律) などと呼ぶ。また8句のものを単に「律詩」,それ以上のものを「排律」「長律」などと呼ぶ場合も多い。「排律」は五言が多く,七言はほとんどみられない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

近体詩
きんたいし
中国古典詩の形式。今体詩とも書く。韻律の面で比較的自由な古体詩(古詩)に対し、厳格な韻律をもつ。唐代で確立し一般的となった絶句(ぜっく)、律詩(りっし)、排律(はいりつ)の詩体の総称であり、それぞれ一句の字数により、五言(ごごん)、七言(しちごん)、まれに六言の形式がある。ただし排律はほぼ五言に限られる。
 中国古典詩の韻律は、古くは同じ母韻の文字(ことば)を用いる脚韻がもっぱら重視されていたが、六朝(りくちょう)期に仏典の翻訳を通じて梵語(ぼんご)(サンスクリット)との比較対照から、中国語に4種の音調があるのを発見し、それを韻律的趣向として詩の句づくりに応用し始めた。南朝斉(せい)の永明(えいめい)年間(483~493)に流行した詩にこの趣向が顕著に認められる。4種の音調は「四声(しせい)」とよばれ、平声(ひょうせい)、上声(じょうせい)、去声(きょせい)、入声(にゅうせい)に分類されるが、沈約(しんやく)(441―513)の『四声譜』が四声説の最初といわれている。それ以後、くふうが積み重ねられて、唐代に入ると初唐から盛唐にかけて一定の韻律形式が完成し、流行した。したがって、唐代以降は近体詩と古体詩が併存することになった。
 近体詩の中心は、韻律的規定の厳しい8句からなる律詩であり、絶句はその半分の4句、排律は律詩の対句(ついく)の聯(れん)を増してゆく10句以上で構成される。それらを通じてもっとも単純でしかも基本的な原則は、毎句の「二四不同(にしふどう)」「二六対(にろくつい)」の原則である。すなわち、四声をさらに平声とそれ以外の三声を一括する仄声(そくせい)とに大別して、句中の2字目と4字目の平仄をかえ、2字目と6字目は平仄の同じ文字を用いる(ただし六言詩・七言詩のみ)というものである。ほかにも、句と句の間の対照・呼応関係、対句、脚韻などに細かな規則があるが、これらの韻律に合致するのを「入律(にゅうりつ)」といい、近体詩全体を「律詩」という場合がある。近体詩のなかで五言排律は科挙の試験に用いられた形式であり、唐の詩人たちは近体詩の制作に苦心を重ねた。[佐藤 保]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近体詩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

近体詩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation