@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

近日点移動【きんじつてんいどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

近日点移動
きんじつてんいどう
rotation of perihelion
惑星が太陽だけからの万有引力によって運動するとすれば一定楕円軌道を描くので,太陽に最接近する近日点の位置は変らないが,他の惑星からの万有引力をも受ける摂動のために近日点の位置が太陽のまわりを回転する。この回転角は 100年間あたり地球では約 1100″,水星では約 574″である。ところが,ニュートン力学の摂動計算によれば水星では約 534″となるはずであって,約 40″の差がある。一般相対性理論によれば軌道全体が太陽のまわりを回転するが,その計算値約 43″はこの差をほぼ説明し,一般相対性理論の有力な実験的証明とみられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんじつてんいどう【近日点移動】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

近日点移動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

近日点移動の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation