@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

近松物語【チカマツモノガタリ】

デジタル大辞泉

ちかまつものがたり【近松物語】
溝口健二監督による映画の題名。昭和29年(1954)公開。近松門左衛門の「大経師昔暦」を川口松太郎が書いた戯曲おさん茂兵衛」を映画化したもの。出演、長谷川一夫香川京子、南田洋子ほか。第5回ブルーリボン賞監督賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

近松物語
1954年公開の日本映画。監督:溝口健二、原作:近松門左衛門、脚色依田義賢。出演:長谷川一夫、香川京子、進藤英太郎小沢栄、南田洋子、田中春男、浪花千栄子ほか。第5回ブルーリボン賞監督賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

近松物語
ちかまつものがたり

日本映画。1954年(昭和29)作品。溝口健二(みぞぐちけんじ)監督。近松門左衛門の『大経師昔暦(だいきょうじむかしごよみ)』を作家の川口松太郎が脚色したものをもとに依田義賢(よだよしかた)が脚本を執筆。大経師の妻おさん(香川京子(かがわきょうこ)、1931― )と手代の茂兵衛(長谷川一夫(はせがわかずお))は、不義をはたらいたと誤解されたことから家を抜け出し、二人の道行が始まる。身分の違いによる拘束を、男女の結び付きの強さに逆転させ、道行から処刑までの道程を清楚(せいそ)に、また凛然(りんぜん)と描き出して、格調の高い作品に仕上げ、近松の文芸が醸し出す世界を垣間(かいま)見せた。本作は、溝口が撮った西鶴による『西鶴一代女(さいかくいちだいおんな)』(1952)や上田秋成(うえだあきなり)による『雨月物語(うげつものがたり)』(1953)より戯曲性が強く、室内でのシーンが多い。宮川一夫(みやがわかずお)(1908―1999)カメラマンの撮影は、ローキートーン(暗い画調)による日本家屋の美的な陰影に妙味を見せ、テーマである封建制度の暗さも象徴する見事な画面となった。日本の伝統楽器を用いた早坂文雄(はやさかふみお)の音楽も画面を引き締める。屋根も含めてまるごと建てた家屋のセット、リアリズムによる人物の心理描写などには、溝口が日活時代に助監督についた田中栄三(たなかえいぞう)(1886―1968)監督の影響もみられ、溝口の演出スタイルが凝縮した作品である。

[千葉伸夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近松物語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

近松物語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation