@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

近江商人【おうみしょうにん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

近江商人
おうみしょうにん
近江国出身の商人。特に江戸時代に,行商出店で全国に進出した。組織的な商法と,刻苦精励で知られる。根拠地が東日本三街道の起点という有利な立地点から,鎌倉時代にはすでに現れている。初めの商品は,近江八幡 (蚊帳畳表) ,日野 (売薬) ,五箇荘 (呉服,太物) ,長浜 (ちりめん,肥料) とそれぞれ特色があったが,産物を扱っているうちにその地の産業を押え,全国いたるところの商権を握ったのが特徴。のちには金貸業まで行い,菱垣廻船の運用などで全国的な商いをして,江戸時代を通じて活躍した。明治以降は,その保守的な組織が逆にじゃまをして,近代資本主義に移行できず,経済の主流から退いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

近江商人
江戸~明治期に、現在の滋賀県から日本各地を巡って畳表や蚊帳、薬などを売り歩いた。出向いた先に定着し、醸造業などを営む商人もいた。「売り手よし、買い手よし、世間よし」の「三方よし」は、多くの近江商人の遺訓語録に共通する理念として、昭和になって使われ始めた。現代のCSR(企業の社会的責任)の先取りとも言われる。
(2017-08-25 朝日新聞 朝刊 滋賀全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

おうみ‐しょうにん〔あふみシヤウニン〕【近江商人】
近江出身の商人。商売がうまく、江戸初期以来、伊勢出身の商人とともに成功者を多く出した。江商(ごうしょう)。おうみあきんど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おうみ‐あきんど〔あふみ‐〕【近人】
おうみしょうにん」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おうみしょうにん【近江商人】
近江商人は江州(ごうしゆう)商人ともいわれ,江戸時代には全国的な流通販売網を掌握し,徹底した利潤追求のために〈近江泥坊〉とも呼ばれたほどである。近江商人の起源については朝鮮からの渡来人説などの諸説があるが,多くは京都に近接し,東海東山北陸の3道の集中する蒲生(がもう)・神崎(かんざき)・愛知(えち)・坂田の4郡に出自し,その地域が京都への物資集散に従事する地理的条件下にあることに共通性をもつ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おうみしょうにん【近江商人】
近江出身の商人。行商と出店を基本として成長、のちには廻船業にも進出。江戸時代には多くの成功者をだした。江州あきんど。江商ごうしよう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

近江商人
おうみしょうにん
江戸時代に、江戸・大坂・京都をはじめ各地に店舗を構え、商業界に大きな勢力を有した近江出身の商人をさした呼称。近江は、京都から北陸・東国に通じる交通上の要地にあたり、早く鎌倉時代から商人の活動がみられ、室町時代になると市(いち)、座、行商による商業が発達した。なかでも蒲生(がもう)、神崎(かんざき)、愛知(えち)の湖東三郡の商人の行動は活発で、彼らは集団で隊商を組み、駄馬を引き、または荷を背負って、美濃(みの)、伊勢(いせ)、若狭(わかさ)、越前(えちぜん)方面と京都を結んで行商して歩いた。江戸時代に入ると近江商人の商域は全国に拡大し、その取り扱い商品は近江産の麻布、蚊帳(かや)、畳表から始まり、茶、繰綿(くりわた)、木綿太物(もめんふともの)、紅花(べにばな)、生糸、漆器、薬など営業先各地の各種物産に及んだ。彼らの商業の形態は、まず行商に始まり、市場の開拓、資本の蓄積ができると要地に出店を開設した。出店の開設とともに店舗営業に移るものもあり、また出店を基点に周辺に行商圏を拡大するものもあった。しかし大商人になると、結局は出店を店舗とし、各地に設けた店舗網の間に産物を回送する「産物廻(まわ)し」の商法によって大きな利益をあげた。このように行商は近江商人の特色であり、しかも近世では個人行商から始めて産をなすものが多かったので、俗に「千両天秤(てんびん)」と称した。商業によって蓄積した資本は質屋、金貸しなど金融業にも回され、近江出身地の本店や、江戸の日本橋、大坂の本町、京都の三条通などに店舗を構えた大商人には大名貸しを行うものも多かった。また産業開発においても、日野商人が関東各地に酒、しょうゆなどの醸造業をおこし、あるいは八幡(はちまん)商人、柳川、薩摩(さつま)の両浜商人が蝦夷(えぞ)地(北海道)に進出して漁場の開発にあたったりした。[村井益男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おうみ‐しょうにん あふみシャウニン【近江商人】
〘名〙 近江国(滋賀県)出身の商人。中世早くからその活動が知られ、共同の組織をもって各地に進出し、商才にたけた者として近世初期から伊勢商人と共に成功者を出した。おうみあきんど。江商(ごうしょう)
※社会主義管見(1906)〈山路愛山〉社会主義評論「昔ならば近江(アフミ)商人は天秤棒一本を肩にして日本六十余州を廻って歩いて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おうみ‐あきんど あふみ‥【近江商人】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

近江商人
おうみしょうにん
江戸時代,著しく発展した近江出身の商人
伊勢商人と並ぶ商人の典型。全国に定着し,江戸日本橋・大坂本町などに多くの出店を持ち,特産の蚊帳・呉服・畳表・薬などを扱い,のち廻船業・金融方面にも進出,大名貸なども行った。琵琶湖東岸の近江八幡・日野出身者が多い。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近江商人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

近江商人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation