@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

近江牛【オウミギュウ】

デジタル大辞泉

おうみ‐ぎゅう〔あふみギウ〕【近江牛】
滋賀内で飼育された黒毛和牛で、一定基準に適合したもの。銘柄牛の一。松阪牛などと並んで日本三大和牛に数えられる。おうみうし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

近江牛
神戸牛、松阪牛と並ぶ日本三大銘柄牛とされる。江戸時代の元禄年間には彦根藩牛肉みそ漬けが考案され、その後、将軍家に献上されるなど、最も古いブランドとして知られる。2005年の産地偽装事件を機に、県は近江牛の定義を「県内で最も長く飼育された黒毛和種」と決めた。現在約1万2千頭が県内で肥育され、年間約6千頭が出荷されている。
(2011-12-08 朝日新聞 朝刊 滋賀全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉プラス

近江牛(おうみぎゅう)
滋賀県の草津市などの指定された地域の農家育された黒毛和種の牛肉のうち、一定の基準を満たしたもの。地域団体商標

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おうみうし【近江牛】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

事典 日本の地域ブランド・名産品

近江牛[畜産]
おうみぎゅう
近畿地方、滋賀県の地域ブランド。
滋賀県産の牛肉。琵琶湖を取り囲む豊かな自然環境と、清冽な水のあふれる滋賀県内で育てられている。厳選した黒毛和種を優れた技術で肥育。肉質は霜降り度合いが高く、芳醇な香りとやわらかさをもっている。1590(天正18)年、高山右近が牛肉を蒲生氏郷細川忠興に振る舞ったといわれ、1687(貞享4)年には、彦根藩で牛肉の味噌漬けが考案された。2007(平成19)年5月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5044958号。地域団体商標の権利者は、滋賀県食肉事業協同組合・滋賀県同和食肉協同組合・滋賀県家畜商業協同組合・全国農業協同組合連合会

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近江牛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

近江牛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation