@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

近藤乾三【こんどうけんぞう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

近藤乾三
こんどうけんぞう
[生]1890.11.3. 東京
[没]1988.10.1. 東京
能楽師,宝生流シテ方。宝生流の謡い手であった近藤敦吉の次男。 1899年 16世宝生九郎知栄に入門。松本長,野口兼資に次ぐ高弟。 1906年初シテ『草薙』を舞い,17年『道成寺』を披 (ひら) く。 66年重要無形文化財保持者,76年日本芸術院会員,85年文化功労者。格調高い演劇性に秀で,『藤戸』『求塚』『景清』などの四番目物を得意とした。著書に『さるをがせ』 (1940) ,『こしかた』 (67) ,レコードに『近藤乾三集』 (77) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

近藤乾三 こんどう-けんぞう
1890-1988 明治-昭和時代の能楽師シテ方。
明治23年11月3日生まれ。近藤乾之助の父。宝生(ほうしょう)流の16代宝生九郎に師事,松本長(ながし),野口兼資(かねすけ)につぐ高弟となる。重厚堅実な芸風で知られ,晩年は(うたい)に独自の境地をひらいた。昭和41年人間国宝,60年文化功労者。芸術院会員。昭和63年10月1日死去。97歳。東京出身。著作に「―わが生涯」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

こんどうけんぞう【近藤乾三】
1890‐1988(明治23‐昭和63)
能楽師。宝生流シテ方。東京生れ。1900年,明治三名人の一人,16世宗家宝生九郎知栄(ともはる)の内弟子となり,身近で親しく教えを受けた。松本長(ながし),野口兼資(かねすけ)に次ぐ高弟で,宝生流の元老である。1959年度日本芸術院賞を受賞。66年重要無形文化財保持者各個指定(人間国宝)に認定され,76年日本芸術院会員となる。71年病を得,以後は能を舞っていないが,独吟,一調などで舞台に出演している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

近藤乾三
こんどうけんぞう
(1890―1988)

能の宝生(ほうしょう)流シテ方。東京生まれ。11歳から16世宝生九郎の下で修業、松本長(ながし)、野口兼資(かねすけ)に次ぐ宝生流の重鎮となる。1966年(昭和41)重要無形文化財保持者に認定、1976年日本芸術院会員、1985年文化功労者。堅実で清冽(せいれつ)な芸風で、一方ドラマチックな表現にも秀でる。大病後再起し、90歳を超えて舞台を勤めた最長老。著書に『さるをがせ』『こしかた』『能――わが生涯』などがある。後輩に高橋進、田中幾之助(いくのすけ)、松本恵雄(しげお)、金井章ほか。近藤乾之助(けんのすけ)(1928―2015)は長男。

[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近藤乾三」の用語解説はコトバンクが提供しています。

近藤乾三の関連情報

関連キーワード

取調べゲタフラミニヌス黙秘権リナロール度量衡任意出頭被疑者リナロオール社会民主党(ドイツ)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation