@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

近藤重蔵【こんどうじゅうぞう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

近藤重蔵
こんどうじゅうぞう
[生]明和8(1771)
[没]文政12(1829).近江
江戸時代末期の北方探検家。名は守重,通称は重蔵,号は正斎。父の跡を継いで町与力を務め,そののち長崎奉行出役,支配勘定を経て関東郡代付出役などを歴任。寛政 10 (1798) 年に蝦夷地御用を命じられ,国後島択捉島などを探検。択捉島に「大日本恵登呂府」の標識を建立して,択捉島が日本の領土であることを明らかにした。その後も幕命によって前後4回にわたり北方探検を行ない,北海道各地の事情を明らかにするとともに,北方警備について建策した (→海防論 ) 。このほか『辺要分界図考』を著すなど書誌学にも通じ,当代一流の学者となり,『金銀図録』『外蕃通書』など財政経済,国防地理などに関する数多くの著作を刊行 (『近藤正斎全集』所収) 。晩年にその子富蔵が殺害事件を起こし,連座して近江大溝藩に預けられ,病

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こんどう‐じゅうぞう〔‐ヂユウザウ〕【近藤重蔵】
[1771~1829]江戸後期の幕臣。北方探検家。名は守重。寛政10年(1798)松前蝦夷地御用役として、蝦夷地を探検し、択捉(えとろふ)に「大日本恵土呂府」の木標を建てた。のち、書物奉行。著「辺要分界図考」「宝貨通考」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

近藤重蔵 こんどう-じゅうぞう
1771-1829 江戸時代後期の武士,探検家。
明和8年2月21日生まれ。幕臣。寛政10年松前蝦夷(えぞ)地御用となり,最上徳内(もがみ-とくない)の先導で千島列島などを踏査,択捉(えとろふ)島に「大日本恵土呂府」の標識をたてる。のち書物奉行,大坂弓奉行などを歴任。長男富蔵が殺傷事件をおこしたため,文政10年近江(おうみ)(滋賀県)大溝藩預けとなった。文政12年6月16日死去。59歳。名は守重。号は正斎。著作に「金銀図録」「巡夷録」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

近藤重蔵
1771〜1829(明和8年〜文政12年)【探検家】エトロフ島、利尻島を探索した北方探検家。 江戸後期の北方探検家にして書誌学者。江戸駒込で与力の家に生まれ、名は守重、号を正斎と称した。1798年、松前蝦夷地御用取扱となり、最上徳内らと択捉(エトロフ)島に渡り、「大日本恵登呂府」の標柱を立てた。前後5回にわたり北蝦夷・千島列島も探査し、その後書物奉行になった。著書に「右文故事」・「外蕃通書」・「正斎雑記」など。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こんどうじゅうぞう【近藤重蔵】
1771‐1829(明和8‐文政12)
近世後期の北方探検家。名は守重,通称は重蔵,号は正斎。1795‐97年(寛政7‐9),長崎奉行出役として海外知識を深め,蝦夷地警衛の重要性を幕府に建言,98年目付渡辺久蔵らの蝦夷地視察の一行に加わり,翌99年蝦夷地御用掛が設けられると,その配下に属し,数回にわたり蝦夷地・千島方面を探検し,特に高田屋嘉兵衛の協力を得てエトロフ航路を開き,1802年(享和2)エトロフ島でロシアの標柱を廃し,〈大日本恵登呂府〉の木標を立てるなど,ロシアの南下に対する北辺の防備・開拓に尽力した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こんどうじゅうぞう【近藤重蔵】
1771~1829 江戸後期の北方探検家。名は守重。江戸の人。松前蝦夷地えぞち御用として北海道に赴き、ロシアの南下に対抗して北蝦夷(サハリン)・千島列島へ数次にわたる探検を重ね、択捉えとろふ島に「大日本恵土呂府」の標柱を建てた。のち書物奉行。編著「外蕃通書」「辺要分界図考」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

近藤重蔵
こんどうじゅうぞう
1771〜1829
江戸後期の幕臣・北方探検家
本名は守重,号は正斎。江戸の人。1798年蝦夷地 (えぞち) 御用を命ぜられて国後 (くなしり) ・択捉 (えとろふ) 島を探検,択捉島に「大日本恵登呂府」の標柱をたてた。以後5度蝦夷地を探検。国防・地理・風俗など多くの著述がある。晩年,長男の殺害事件に連坐し改易となり,不遇のうちに没した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

近藤重蔵
こんどうじゅうぞう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こんどう‐じゅうぞう【近藤重蔵】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近藤重蔵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

近藤重蔵の関連情報

関連キーワード

お蔭参り山岡浚明シュレーダー新聞キャベンディッシュ杉田玄白土御門泰邦平賀源内玉・珠・球耳遠

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation