@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

近親相姦【きんしんそうかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

近親相姦
きんしんそうかん
incest
親族関係の密接な者たちの間でなされる性的交渉。古代エジプトの上流階級では,兄・姉妹婚,父・娘婚が一般に行われていたといわれる。しかし今日では,これを合法的に許している民族はなく,遺伝的に悪影響を与えるとして人間の本能から避けられるものとする説もあるが,遺伝学上は否定されている。むしろ,インセストタブーが存在する事実から,実際に多くの事例が起りえたと考えられる。 S.フロイトは近親相姦欲望を子供の精神成長の過程で体験する普遍的な現象と考え,これがエディプス・コンプレックスの主要な原因となるとした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きんしん‐そうかん〔‐サウカン〕【近親相×姦】
親子・兄弟姉妹など血縁関係の近い男女の間で性的交渉が行われること。インセスト

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんしんそうかん【近親相姦 incest】
近親血縁関係者による性的関係をさす。ほとんどの人類社会において禁忌とされているが,古代エジプト,ハワイインカなどの王族間では兄弟姉妹婚が行われていた。たとえばプトレマイオス朝最後の女王クレオパトラ7世は,数代におよぶ兄弟姉妹婚の末裔であり,自分も弟を夫としていた。しかし,このような支配者の近親婚は,その社会の一般的習俗を反映したものではなく,むしろ忌を超越する存在としてその神聖さを強調し,王室血筋の純粋さを保つために行われたと解されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きんしん‐そうかん ‥サウカン【近親相姦】
〘名〙 血縁の近い男女が性交を行なうこと。〔仏和法律字彙(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近親相姦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

近親相姦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation