@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

近軸光線【きんじくこうせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

近軸光線
きんじくこうせん
paraxial ray
レンズや球面鏡などの光学結像系で,光軸くを通り,光軸と小さい角度をなす光線。小さい角度θ (単位ラジアン) とは sin θ≒θ と近似できる程度の微小角をいう。このような光線束に対しては,広義の球面収差は非常に小さくなり,色収差を除いて,結像はほとんど完全であると考えられる。このような系における光学をガウスの幾何光学ともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんじくこうせん【近軸光線】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

近軸光線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

近軸光線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation