@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【はさま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


はさま
宮城県東部登米市西部の旧町域。仙北平野の北東部にある。 1955年佐沼町と新田村,北方村の2村が合体して迫町が成立。 2005年登米町,東和町,中田町,豊里町,米山町,石越町,南方町,津山町の8町と合体して登米市となった。中心地区の佐沼は,県北の行政,商業の中心地。大部分迫川流域の平坦地で,西部には築館台地東端の支が迫川の自然堤防によってふさがれ,伊豆沼長沼,船越沼を形成。船越沼は大正期に干拓され,その後伊豆沼,長沼も一部干拓された。米作が主産業で,畜産も盛ん。伊豆沼はハクチョウやガンカモ類の渡来地として国の天然記念物に指定。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はく【迫】[漢字項目]
常用漢字] [音]ハク(漢) [訓]せまる さこ せこ
ひたひたと対象に近づく。事態が差しせまる。「迫撃迫真迫力急迫緊迫切迫逼迫(ひっぱく)
圧力を及ぼして苦しめる。押しつめる。「迫害圧迫脅迫
[名のり]せり・とお
[難読]迫(せ)り出す迫持(せりもち)筥迫(はこせこ)迫間(はざま)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さこ【迫】
山あいの小さな谷をいう。岡山県以西の中国地方と九州地方に多い。同様の語として千葉県などでは〈さく〉がある。また〈狭間(はざま)〉も同様の意味の語である。このような小さな谷に開かれた田が迫田であり,《俚言集覧》に〈美作(みまさか)にて山のと尾との間をさこと云ふ。其処に小水ありて田有をさこ田と云ふ〉とある。迫田は,谷田棚田と同様に,1枚1枚の耕地は零細であり,労働力の投下に比して収穫量はけっして多いものではなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せり【迫】
動詞の連用形から
舞台機構の一。舞台の一部を切り抜き、そこから俳優または大道具を奈落ならくからせり出し、また、床下へせり下げるもの。せりだし。せりだし舞台。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はさま【迫】
宮城県北部、登米とめ市の地名。東部を迫川が南流する。白鳥の飛来地として知られる伊豆沼はラムサール条約登録湿地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


はさま
宮城県北東部、登米郡(とめぐん)にあった旧町名(迫町(ちょう))。現在は登米市の西部を占める地域。旧迫町は、1955年(昭和30)佐沼(さぬま)町と新田(にった)、北方(きたかた)の2村が合併して成立。2005年(平成17)登米(とよま)、東和(とうわ)、中田(なかだ)、豊里(とよさと)、米山(よねやま)、石越(いしこし)、南方(みなみかた)、津山(つやま)の8町と合併して市制施行し、登米市となった。JR東北本線、国道346号、398号が通じる。東部を迫川が南流し、中部には長沼、北部には伊豆沼(いずぬま)、内沼(うちぬま)がある。船越沼(ふなこしぬま)はすでに干拓され、伊豆沼、長沼周辺も干拓が進められてきた。地域の大部分は標高8メートル前後の水田で、江戸期からの穀倉地帯であったが、洪水にみまわれることも多かった。米作を基幹とし、畜産、園芸も盛んで、とくに肉用牛の飼育は県でも有数の規模である。中心集落の佐沼は、藤原秀衡(ひでひら)の家臣照井太郎高直築城の地と伝えられ、江戸期には伊達(だて)家の一家亘理氏(わたりうじ)の居城があった。明治以降も迫川の水運、軽便鉄道の敷設など交通の要衝であり、現在も登米地方の行政、経済、文化の中心。伊豆沼、内沼にはハクチョウ、マガンなどが飛来し、「鳥類およびその生息地」として国の天然記念物に指定され、ラムサール条約登録湿地にもなっている。[境田清隆]
『『迫町史資料』全3巻(1974~1977・迫町) ▽『迫町史』(1981・迫町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せまり【迫】
〘名〙 (動詞「せまる(迫)」の連用形の名詞化)
① せまること。
※かた言(1650)二「物のせまりを、ぜっぴといふ言葉は、是非といふ心歟」
② 行き詰まりの所。また、狭い所。
※日葡辞書(1603‐04)「ミヅノ xemari(セマリ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せり【迫】
〘名〙 (動詞「せる(迫)」の連用形の名詞化)
① せまること。
② 劇場で、舞台や花道の一部を切り抜いて、俳優や大道具を奈落から上げ下げする装置。せりだし。
※歌舞伎・吾嬬下五十三駅(天日坊)(1854)序幕「一本は猫に当る、猫苦しみてせりの穴へ落ちる」
③ 明治時代まで、劇場の観客または芝居茶屋に、外部から弁当を供給した弁当屋。また、その弁当。
④ 魚群が押し寄せるため、海面が泡立ち白くなること。涌(わき)。〔分類漁村語彙(1938)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せ・る【迫】
〘他ラ四〙
① 他の物との間隔を狭くする。せばめる。
② ことを早くするように要求する。せめたてる。せきたてる。せまる。
※浄瑠璃・冥途の飛脚(1711頃)中「花車(くしゃ)はなぜをそいぞ五兵衛いってせってくれと、立ちに立ってせきけれ共」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

迫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation