@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

述懐【ジュッカイ】

デジタル大辞泉

じゅっ‐かい〔‐クワイ〕【述懐】
[名](スル)《古くは「しゅっかい」》
思いをのべること。「心境を述懐する」
過去の出来事や思い出などをのべること。「事件当時のようすを述懐する」
恨み言をのべること。愚痴や不平を言うこと。
「女どもも花見にやらぬと申して―致す程に」〈虎明狂・猿座頭

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅっ‐かい ‥クヮイ【述懐】
〘名〙 (古くは「しゅっかい」)
① 心中の思いを述べること。意中を述べること。
※懐風藻(751)述懐〈大友皇子〉「五言。述懐〈略〉道徳承天訓、塩梅寄真宰
※西行(1942)〈小林秀雄〉「思想を追はうとすれば必ずかういふやっかいな述懐に落入る鋭敏多感な人間を」 〔顔延之‐宋文皇帝元皇后哀策文序〕
② ぐち、不平、不満を洩らすこと。うらみを言うこと。じっかい。
※後鳥羽院御口伝(1212‐27頃)「述懐の心もやさしく見えし上、ことがらも希代の勝事にてありき」
※虎明本狂言・猿座頭(室町末‐近世初)「おんな共も花みにやらぬと申てしゅっくゎひ致す程に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

述懐」の用語解説はコトバンクが提供しています。

述懐の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation