@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

述語論理学【じゅつごろんりがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

述語論理学
じゅつごろんりがく
predicate logic
命題命題関数の形に直し(xp である→px)),主語の位置を占める変項のあり方を示す量子記号を導入して(全称記号∀x〈「すべての x 」の意〉,存在記号〈特称記号〉∃x〈「ある x 」の〉),命題の内部構造を考慮しつつ推理を論じうるようにした論理学。変項は単項である必要はなく,推理規則は,普遍例化の原理 UI,普遍汎化の原理 UG,存在例化の原理 EIの三つを用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅつごろんりがく【述語論理学 predicate logic】
現代論理学の基礎部分。命題論理学体系の一部として含む。後者がもっぱら命題を構成単位と考え,命題相互の論理的関係を主題とするのに対し,述語論理学は後述するように,基本的な命題をも主語・述語の要素に分析し,命題に含まれる主語相互の関係を扱おうとする。
[基本的命題]
 述語論理学は,思考の対象となる事実世界を,まず個物(個体)があり,次にその個物がたがいに関係することによりある事態が成立する,そのような事態の全体と了解する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

述語論理学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

述語論理学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation