@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

迷チョウ【めいちょう】

世界大百科事典 第2版

めいちょう【迷チョウ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

迷チョウ
めいちょう
stray butterfly

その地域にすみついていない昆虫のチョウが、ほかの地域からやってくる場合に、これを迷チョウ(または偶産チョウ、偶産種)という。日本の迷チョウのなかには、ほとんど毎年、南方から日本本土にやってきて、初夏から秋にかけて幼虫が発生して繁殖をするものもあるが、冬の寒さに耐えることができず死滅して、年を越すことはない。その代表的なものはメスアカムラサキ、リュウキュウムラサキ、アオタテハモドキ、ウスイロコノマチョウなどで、これらを候チョウとよぶこともある。

 毎年ということではないが、ときに南方より北上して高温期に一時的に発生するウラナミシロチョウのようなものもあるし、きわめてまれにしか日本にやってこない種(日本での発見例が1、2例しかないもの)までさまざまの段階がある。近年では、その地域にすみついていないチョウを含め、すべて迷チョウとよぶのが普通である。

 日本に飛来する迷チョウは熱帯ないし亜熱帯性のものが多く、寒地性のものはきわめて少ない。これは春から夏にかけて南方からの季節風が日本に吹き付けると(台風もある)、日本の気温も上昇して迷チョウを受け入れられる気候的条件になっているためである。日本で発見される迷チョウは約50種、その発見例は琉球(りゅうきゅう)諸島にもっとも多い。

[白水 隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

迷チョウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

迷チョウの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation