@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

迷信【めいしん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

迷信
めいしん
社会的に実害を引起す俗信のこと。迷とは正信に対する語であるが,信仰のなかで何が正信で,何が迷信であるかは容易に区別できない。世の中には宗教を否定する立場もあるからである。科学的に解釈のつかないものはすべて迷信とする立場もあるが,簡単に断定することはできない。普通,言いならわしとされているものの多くは俗信と呼ぶべきもので,そのうちで実害を伴うものを迷信とすべきである。日本における迷信の代表的な例としては,丙午の女性との縁組を嫌うなどや,狐憑犬神憑,へび憑などと称し,これらを憑物としてもっている家筋があるとされ,その家との縁組や交際を忌避する習俗があり,両者ともに幾多の悲劇を生じている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

めい‐しん【迷信】
俗信のうちで、合理的根拠のないもの。一般には社会生活上実害を及ぼし、道徳に反するような知識や信仰をいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

迷信
アメリカのミュージシャン、スティーヴィー・ワンダーの曲。「トーキング・ブック」(1972年)からのシングルで、全米第1位・全英第11位を獲得した。「ローリング・ストーン」誌が選ぶ最も偉大な500曲第73位。原題《Superstition》。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めいしん【迷信】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

迷信
めいしん

俗信のうち、社会生活に実害を及ぼし、道徳に反するようなものを、常識的にいう。superstitionの訳語。一般には、〔1〕間違って信じられていること、〔2〕人を迷いに導く信仰、以上のように理解されることが多いが、〔1〕では意味が広すぎるし、〔2〕も明確でない。つまり信仰は、わが神がもっとも尊く、わが信仰がもっとも正しいと、それぞれに信じるものであり、どの信仰が正しいという基準が明確でない。しかも信仰は科学の下位概念ではないから、科学によって正邪を判定すべきものでもない。そのうえに迷信の語は、ことば自体に「間違いである」という価値判断を伴っており、学術用語としての概念規定が困難である。そのため新たに俗信という語を採用し、討論を経て概念規定を明確にしようとしている。

 俗信の起源については、信仰が零落し、その破片などが誤解されたものだという説がある。現在、迷信とよばれているもののなかには、信仰の零落や誤解も混入しているが、すべてがそうだとはいえない。もし俗信が信仰の零落したものであるとすると、まず信仰、次に俗信、という時間系列がなければならず、信仰のない段階で俗信はありえないことになろう。ところが実際には、信仰や宗教が発達していない低開発社会にも俗信は存在する。したがって信仰と俗信とは、時間的な先後関係をもつと考えるよりは、共存・併存するものと考えるほうが、より真実に近いと思われる。

 俗信の発生も自然観照のなかに求めるべきである。観照とは、物事を十分に観察し、その本質を見極めようとすること。自然の神秘に触れ、自己の内面に働きかけようとするところに信仰が生じ、自然の神秘に感動すれば芸術となり、因果関係を追及しようとしたのが俗信である。そのうち因果関係の証明できるものは科学として独立し、あとに取り残されたものは、因果関係の証明が困難なものばかりになった。しかし俗信は、初めから不合理・非科学を求めたのではない。因果関係を証明するに際して、あまりに直観・連想に頼りすぎ、また統計処理の方法が拙劣であったためである。たとえば「カラス鳴きが悪いと、人が死ぬ」という予兆(よちょう)の場合、カラスの鳴き声が異常だということが原因で、人が死ぬという結果をもたらしたのではなくて、カラスの鳴き声から、墓場の供物に群がるカラスを連想し、直観的に葬式=死と結び付けたのである。「ご飯を食べてすぐ横になると、牛(犬)になる」という禁忌(きんき)も、牛や犬が餌(えさ)を食べたあと、すぐ横になるのを連想したにすぎない。しかし「夕焼けがあると、次の日は晴れる」という予兆のなかには、一部の真実が含まれているし、民間療法や民間薬のなかにも、現代科学で成分を分析するなどして、見直されているものもある。因果関係の証明できるものは、みな科学として独立していったが、少しは見残しがあったということになろう。

 現在、常識的に迷信とされているもののなかには、日時・方角などに関する吉凶、種々の占いや祈祷(きとう)の類のように、気にする人だけが気にするもののほか、憑(つ)き物という現象がある。狐(きつね)憑き、犬神(いぬがみ)憑きなど動物霊ののりうつるとされるものが多く、それを落とすための松葉いぶしや叩(たた)き出しの呪法(じゅほう)によって、生命を失う例さえある。また憑き物が家系を伝わるという迷信は、社会的緊張をもたらし差別の原因にもなっている。

[井之口章次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

めい‐しん【迷信】
〘名〙
① (━する) 誤って信じること。誤信。
※薩長土肥(1889)〈小林雄七郎〉四藩気質「此等羽翼の輩は只管純然たる正義公道なる者ありと迷信するが故に」
② 現代の科学的見地から見て不合理であると考えられる言伝えや対象物を信じて、時代の人心に有害になる信仰。
※文づかひ(1891)〈森鴎外〉「いまいましき門閥、血統、迷信の土くれと看破りては」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

迷信」の用語解説はコトバンクが提供しています。

迷信の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation