@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

迷宮【メイキュウ】

デジタル大辞泉

めい‐きゅう【迷宮】
中に入ると容易に出口がわからず迷うようにつくってある建物。
複雑に入り組んでいてなかなか解明できない事柄のたとえ。また特に、手がかりがなく解決の見通しが立たない犯罪事件。「人間心理の迷宮

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めいきゅう【迷宮 labyrinth】
ギリシア語のラビュリントスlabyrinthosが語源。古代の著述家たちがエジプトなどの神殿宮殿にありとした複雑な構成の建物。しかしその遺構は確定できず,むしろそれを象徴する文様が歴史的に意味をもってきた。今日の迷路パズルの起源でもある。 古代の迷宮文様は,クレタ島,クノッソスの宮殿を舞台とする神話を背景として,呪符あるいは護符としての意味をもっていた。すなわち,クレタ王ミノスの妻パシファエと雄牛との間に生まれた牛頭人身の怪物ミノタウロスは,クノッソス宮殿ダイダロスが造った迷宮(ラビュリントス)に閉じ込められていたといい,アテナイの王子テセウスが,クレタ王女アリアドネの手渡した糸の導きでミノタウロスを倒して,迷宮から帰還する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

めいきゅう【迷宮】
中に入ると出口がわからなくなるように造った建物。
事件の捜査が困難になり、解決がつかなくなること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

めい‐きゅう【迷宮】
〘名〙
① (中にはいると通路が複雑で出口がわからなくなって迷うように造られた建物の意から) 解決などを求めて迷う状況の比喩に用いる。
※松島に於て芭蕉翁を読む(1892)〈北村透谷〉「迷宮(メイキウ)と知って迷宮に入るは文士の楽しむところにして」
② 特に、犯罪事件が複雑で容易に判断・解決などがつかないこと。また、その状況にあること。
※夢声半代記(1929)〈徳川夢声〉オットコヨウを弔ふの記「其後事件は迷宮(メイキウ)から出たか引っ込んだか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

迷宮
めいきゅう
ラビュリントス」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

迷宮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

迷宮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation