@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

追及【ツイキュウ】

デジタル大辞泉

つい‐きゅう〔‐キフ〕【追及】
[名](スル)
どこまでも追いつめて、責任・欠点などを問いただすこと。「責任の所在を追及する」
追いつくこと。
「日のある中に本隊に―したいと思っていたが」〈火野・土と兵隊〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おい‐し・く おひ‥【追及】
〘自カ四〙 追いかけてそれに追いつく。後から追いつく。
※古事記(712)上「亦云はく、其の追斯伎(おひシキ)しを以ちて、道敷大神(ちしきのおほかみ)と号(なづ)くといふ」
※万葉(8C後)二・一一五「後れ居て恋ひつつあらずは追及(おひしか)む道の隈廻(くまみ)に標(しめ)(ゆ)へわが背」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つい‐きゅう ‥キフ【追及】
〘名〙
① あとから追いかけていって、追いつくこと。
※日本外史(1827)五「高徳取錦幟、追及朝忠、収潰兵、守高山寺
※麦と兵隊(1938)〈火野葦平〉五月一七日「トラックで部隊に追及するといふので」
② 相手の責任・欠点などを追い責めること。追いつめること。
※桐畑(1920)〈里見弴〉愛経「いやにかさにかかって追及(ツヰキフ)するね」 〔漢書‐高帝紀上〕
※日本の思想(1961)〈丸山真男〉二「理性的、合法則的なものをどこまでも追及して行く根源の精神的エネルギーは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

追及」の用語解説はコトバンクが提供しています。

追及の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation