@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

追善【ついぜん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

追善
ついぜん
仏教で,人の死後7日目ごとに 49日までと,百ヵ日,1周忌などに亡者冥福を祈って行う法要追善供養,追薦,追福ともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つい‐ぜん【追善】
[名](スル)死者の冥福(めいふく)を祈って、生存者が善根を修めること。特に、仏事供養を営むこと。追福。「先祖を追善する法要」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ついぜん【追善】
追薦とも書く。死者のためにへの善根をなすこと。造寺,造塔,造像,写経供仏施僧などがその内容である。平安時代中期の貴族たちによる造寺・造の流行の一つの原因であった。その代表的なものが藤原道長建立の宇治木幡の浄妙寺である。これに対し庶民は石の塔を積むことでも作善(さぜん)になるというので河原に出て石塔(しやくとう)を行った。石造の卒塔婆(そとば)(五輪塔宝篋印塔板碑など)はこの信仰の中からおこった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ついぜん【追善】
スル
死者の苦を除き冥福を祈るため、法会などの善事を行うこと。追福。 先代を-する供養

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

追善
ついぜん
追薦(ついせん)あるいは追福(ついふく)ともいい、追福修善または追福作善のこと。死者の冥福(めいふく)を祈って善事を追修し、死者の悪業を軽減し、あるいは除去すること。また死者の冥福のために営む仏事法要をもいう。『優婆塞戒経(うばそくかいきょう)』第五に「若(も)し父喪して已(すで)に餓鬼(がき)中に堕し、子為(ため)に追福せば、当(まさ)に知るべし即(すなわ)ち得ん」とあるのをはじめ、諸経典には、追って善根福徳を修することによって、父母の悪趣(あくしゅ)の苦を除去できることが説かれる。とくに中陰(ちゅういん)中にあっては、亡者のために追善を営むことが必要とされる。『梵網経(ぼんもうきょう)』巻下には、父母兄弟・和上(わじょう)・阿闍梨(あじゃり)などの亡滅の日、そして中陰中には大乗の経律を読誦(どくじゅ)講説し、斎会(さいえ)を催して福を求めるべきであるといい、『灌頂経(かんじょうきょう)』第11には、中陰中にあっては罪福がいまだ定まらないから幡(ばん)や幢(どう)をつくるなどの福を修せば、亡者がその功徳(くどく)を承(う)けて十方(じっぽう)の刹土(せつど)に往生(おうじょう)すると説かれる。追善の法会(ほうえ)は、一般に七七日(しちしちにち)の中陰をはじめとして、百箇日、一周忌、三回忌、七回忌、ないし百回忌などが催される。[佐々木章格]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

追善」の用語解説はコトバンクが提供しています。

追善の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation