@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

逆に取る【ぎゃくにとる】

精選版 日本国語大辞典

ぎゃく【逆】 に 取(と)
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉一〇「先生の手を逆(ギャク)に取って、肘(ひぢ)の関節(つがひ)を表から、膝頭で圧さへてゐるらしい」
③ 物事の順序や方向を逆にする。
※金(1926)〈宮嶋資夫〉一〇「いつも帰る道を逆(ギャク)に取(ト)って」
④ 相手の意向や発言を逆に理解する。
※椀久物語(1899)〈幸田露伴〉六「逆(ギャク)に取られてさまざまの怨言(うらみ)ひぞりは余(あんま)りな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逆に取る」の用語解説はコトバンクが提供しています。

逆に取るの関連情報

関連キーワード

プロボクシングの階級広島東洋カープクレメンス[アレクサンドリア]公孫氏政権リン酸アンモニウム漢の時代(年表)急性リンパ性白血病ペンタオキソ二硫酸塩シューマン線オスミウム

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation