@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

逆上【ギャクジョウ】

デジタル大辞泉

ぎゃく‐じょう〔‐ジヤウ〕【逆上】
[名](スル)激しい怒りや悲しみなどのために、頭に血が上ること。分別をなくし取り乱すこと。「逆上して刃物をふるう」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎゃく‐じょう ‥ジャウ【逆上】
〘名〙
① 興奮して、頭部や顔面などが充血すること。のぼせ上がって精神が正常でなくなること。現在では、激しい怒りや悲しみなどのため、頭に血がのぼって興奮し、取り乱すことをいう。
※歌舞伎・𢅻雑石尊贐(1823)四立「逆上(ギャクジャウ)あって猶更に、臣等の詞、お聞き済みなき御有様」
② 煙などがさがらずに逆にのぼること。
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉四「高千穂の噴煙逆上して天を衝き」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さか‐あがり【逆上】
〘名〙 鉄棒、つり輪などで懸垂し、体をそらせ、両足を上にあげ、さかさまの姿勢から反動を利用し、腕の力を使って体を引き上げる技。
※林檎の下の顔(1971‐73)〈真継伸彦〉一「足かけ上りや逆上りすらなかなかできなかった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のぼせ【逆上】
〘名〙 (動詞「のぼせる(逆上)」の連用形の名詞化) 熱気や興奮などのために、頭がぼうっとすること。上気すること。また、そのような体質や病気。
※咄本・蝶夫婦(1777)灸所の早合点「昇(ノボセ)じゃ程に、ふじへ灸をしろと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のぼせ‐あが・る【逆上】
〘自ラ五(四)〙 すっかりのぼせる。ひどくのぼせる。
※歌舞伎・伊勢平氏梅英幣(1820)五立「あの釜風呂へ打込まれ、逆上(ノボ)せあがって居ながらも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逆上」の用語解説はコトバンクが提供しています。

逆上の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation