@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

逆旅【ゲキリョ】

デジタル大辞泉

げき‐りょ【逆旅】
《「」は迎えるの意。「ぎゃくりょ」とも》
旅客を迎える所。宿屋。旅館。
旅をすること。旅。
「―にして友なき哀れには、なにとなく心細き空に思ひしられて」〈海道記

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎゃく‐りょ【逆旅】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げきりょ【逆旅】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

げき‐りょ【逆旅】
〘名〙 (「げき」は「逆」の漢音で、迎えるの意)
① 旅人を迎えること。また、その場所。はたご。やどや。旅館。
※文徳実録‐嘉祥三年(850)五月壬辰「逸勢行到遠江国板築駅、終于逆旅
※俳諧・俳諧世説(1785)一「郭林宗は方正の士にして逆旅(ゲキリョ)にやどる事あれは、かならず其亭を掃除して過行(すぎゆく)」 〔荘子‐山木〕
② 旅をすること。旅。旅行。
※千五百番歌合(1202‐03頃)五七八番「逆旅路将霊疋路、露光涙色欲相争〈藤原良経〉」
※海道記(1223頃)萱津より矢矧「逆旅にして友なき哀には、なにとなく心細きそらに思ひしられて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎゃく‐りょ【逆旅】
〘名〙 =げきりょ(逆旅)〔布令必用新撰字引(1869)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逆旅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

逆旅の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation