@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

逆行【ぎゃっこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

逆行
ぎゃっこう
retrograde motion
地球上からみた場合,惑星が天球上を東から西へ向うようにみえる視運動。一般に内惑星内合外惑星の近くで逆行し,ほかの場合は順行する。春分点の逆行は歳差白道黄道の交点の逆行はサロス周期 (→サロス ) として現れる。これとは別に太陽系内で諸惑や衛星の公転方向のうち,地球反対方向に回るものも逆行という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎゃっ‐こう〔ギヤクカウ〕【逆行】
[名](スル)
進むべき方向と反対の方へ進むこと。順序や流れに逆らって進むこと。「時代に逆行する」⇔順行
地球から見て、惑星などが天球上を東から西へ動く視運動。外惑星では衝(しょう)前後内惑星では内合(ないごう)の前後に起こる。⇔順行
地球の公転運動と反対の方向に公転する天体軌道運動ハレー彗星がその例。⇔順行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎゃく‐こう〔‐カウ〕【逆行】
[名](スル)ぎゃっこう

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

逆行
地球から見て、惑星が軌道上で後戻りすること。太陽系の星は、それぞれの公転周期で動いている為、地球から見ると一定期間反対に、逆戻りしているように見えるときがある。チャートでは、逆行している惑星はシンボルに小さな文字で「R」をつけて表す。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎゃっこう【逆行 retrograde motion】
惑星が天球上を星々の間をぬって,東から西(赤経が減少する向き)に運行すること。西から東に運行する順行に対する用語。天球上の太陽と月の動きはつねに順行であるが,後述のように惑星は順行も逆行も行う。太陽系を黄道面の北から見ると,地球を含めて惑星はすべて太陽のまわりを反時計まわりに公転しており,これを西から東の向きの公転,あるいは順行軌道という。このとき,地球から見て太陽は天球上を西から東に運行(順行)するからである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

逆行
ぎゃっこう

惑星などの太陽系の天体が、天球上で東から西へ動いていること。惑星は通常、天球上を西から東へ運行しており、これを順行(じゅんこう)というが、外惑星では衝(しょう)、内惑星では内合となって地球に接近するころ、見かけ上は通常の運行と反対に、つまり逆行して見える。順行から逆行に、また逆行から順行に移る際、一時停止するように見えるときを留(りゅう)という。

[村山定男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎゃく‐ぎょう ‥ギャウ【逆行】
〘名〙 道にはずれた悪い行為。
※狂雲集(15C後)会裏僧与武具二首「逆行沙門三尺剣、不禅録軍書

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎゃっ‐こう ギャクカウ【逆行】
〘名〙
① 当然進むべき方向と反対の方へ、あるいは順序にさからって進んで行くこと。
※続日本紀‐養老四年(720)正月庚午「熒惑逆行」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉変哲家「道徳といふものは社会の進歩に逆行した非文明のものだから」 〔孟子‐滕文公・下〕
② 前を向いたまま、うしろの方向に進むこと。あとずさりすること。
※兵範記‐保元二年(1157)八月三日「深揖逆行三度、〈先右足頗退、次左足遠退、〈略〉〉」
(イ) 惑星が、天球上を東から西に向かって運行するようにみえる現象。外惑星では衝(しょう)、内惑星では内合となって地球に接近するころに生ずる。
(ロ) 衛星が主惑星の公転方向と逆方向に公転すること。海王星の衛星トリトンにみられる。逆行運動。
④ 音楽で、ある旋律の終わりの音符から、最初の音符へと逆にたどって行く手法。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎゃく‐こう ‥カウ【逆行】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逆行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

逆行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation