@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

透かし彫【すかしぼり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

透かし彫
すかしぼり
open work
彫金技法一種金属板の一部を鏨 (たがね) や糸のこを用いて切抜き,残った部分で文様をつくる技法。文様透かしと地透かしの2種があり,鋳造や細線細工による透かし文様とは異なる繊細な表現が可能で,多く貴金属細工に応用される。日本でも古くは古墳時代の出土品中に作例がみられる。法隆寺の『玉虫厨子』に張られた忍冬唐草透かし彫の金銅金具や,『金銅透彫灌頂幡』 (東京国立博物館) ,正倉院の『銀薫炉』はその代表作。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すかし‐ぼり【透かし彫(り)】
金属・木・石などをくりぬいて文様を表す技法。文様を透かして素地を残す方法(文様透かし)と、文様の周りの素地を透かす方法(地透かし)がある。木彫仏の光背欄間刀剣鐔(つば)などに技巧を凝らしたものが多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

透かし彫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

透かし彫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation